日毎の糧「いたわり帳byるつ~♪」

人知を越え言葉を越えて、日々の励みと自戒を込めつつ・・・☆

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福音伝道の意義

2009.04.15
†あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ。
わざわいの日が来ないうちに、
また「何の喜びもない。」と言う年月(としつき)が近づく前に。
(伝道者の書 12・1)



   4-country.jpg


伝道者(説教者・集会を招集する者)は、人の老いの姿と、
その行き着く先が死であることを、 伝道者の書の十二章で、
様々なたとえを用いて語られています。

例えば、手はふるえ足腰はかがみ、歯は少なくなるし、
目はかすんでくる。 耳は遠くなり、声はしわがれて、
眠りも浅くなって行く。 頭は白髪に、歩き方はのろのろ、
意欲も枯れ疲れてくると・・・599-a.gif(←疲れた姿?)

他人事ではない、身につまされる内容ばかりですが、
誰人にも平等に訪れる現実の姿、人の命の限界が
リアリティーに語られていてアーメンです。

結局のところ、人は皆、↓

ちりはもとあった地に帰り、霊はこれを下さった神に帰る。
空の空。伝道者は言う。すべては空。(伝道者の書 12・7~8)

だから、あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ。
わざわいの日が来ないうちに、また「何の喜びもない。」
と言う年月が近づく前に。 との切実な思いが伝わってきます。

人間にとって大事なことは、↓

†もうすべてが聞かされていることだ。
神を恐れよ。神の命令を守れ。
これが人間にとってすべてである。
(伝道者の書 12・13)


福音伝道の意義を痛感し、学ばされる昨今です。
スポンサーサイト

|Category:伝道|

果たして・・・?

2008.08.27
†すると、仰せになった。
「あなたが裸であるのを、だれがあなたに教えたのか。
あなたは、食べてはならない、と命じておいた木から食べたのか。」

人は言った。
「あなたが私のそばに置かれたこの女が、
あの木から取って私にくれたので、私は食べたのです。」

そこで、神である主は女に仰せられた。
「あなたは、いったいなんということをしたのか。」

女は答えた。
「蛇が私を惑わしたのです。それで私は食べたのです。」
(創世記)


    rindou4.jpg


PCもですが、人間の肉体も(PCと同様にするのは何ですが・・・(^^ゞ)
常に使用していると、日毎にどこか弱くなっていくものです。

肉体が衰えていく様子は聖書にも記されていますが、一年ごとに、
まるで株価が下落する時のように?踏ん張りが利かなくなってきます。

それぞれの個人的事情などによっても、ストレス等など加わると、
疲労感は更に加速していくように思いますが、致し方のない現実の姿ですね。

何とかまだ使用可能なので感謝ですが、ここのところPCの状態まで?
スローテンポに陥り、物理的状況が、家事や家業も含め一杯一杯の状態で、
若しかして、暫くブログを小休止したほうが良いのでは~?と云う提示なのかと。

(クリスチャンどうしであっても、それぞれの事情なりあってか?
悩みの中にある方達と、その悩みを共有出来る人というのは、
少ないのが実状ではないかしらと思いますが、←特に田舎では
そんな感じがしています。(田舎に限らないかもしれませんが。)

なので家庭においても、不定期ですが祈りあったり、
少しずつですがさせて頂いていますが、サイトと両立で、
福音の種まきが真に出来ているのか、私自身が中途半端な状態で、
果たしてこれで良いのか・・・と、自問しつつの昨今です。

ご覧頂いている方達のご意見なり、若しよろしければお気軽に頂けると幸いです。

PS~ サイトのTOPページ(メニュー欄のMail form)から、
メールを頂けたら参考にさせて頂きたいと思います。

|Category:伝道|

福音伝道の実践

2008.03.10
確かに、今は恵みの時、今は救いの日です。
(Ⅱ コリント人への手紙)


  
     8-h.jpg

無理心中、介護疲れの果てからくる無残な最期、果ては聖職と言われた
(いまは過去形?)子供達を教える立場の先生の恥ずべき事件等など、
連日 こんなにも果てしなく続くと、人の奥底に潜む弱さを感じつつ、
その弱さや愚かさからくる人間の残酷さを痛感します。

咀嚼できない絶望の深淵に立たされ、短絡的に死に急ぐ前に、
イエス様の理不尽とも思える死を以って、初めて得られる救いを
得られていて下さったならば・・・。

哀しすぎる事件が後を絶たない現状を思うと、私自身も含め 
先に救われた私達が、恵みの上に胡坐をかくとまで行かなくても、
イエス様を知り得ない人達に対しての、福音伝道に真剣でないような
気がして、何よりも イエス様が悲しまれている様に思えてなりません。

私達の成すべき分は、時が良くても悪くても、否この様な時だからこそ、
伝道の実践が大事だと強く思わされます。しっかり肝に銘じていなければ・・・。

|Category:伝道|CM:(0)
CALENDAR

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RECENT ENTRIES
LINKS
PROFILE

    るつ~♪

  Author:るつ~♪

 いたわり帳へお越し頂いて
 有難うございます~ ♥

 プロテスタントの教会に集う
 管理人のるつ~♪です。

 詳しいプロフィールは、
 当 HP に記させて頂いています。
  
 御言葉のエッセンスを浴びつつ、
 自身への自戒&励みを込めて、
 日々感じた事、示された事等、
 綴っていけたらと願っています。
 どうぞ宜しくお願い致します。

 御言葉は、日本聖書刊行会発行
 の新改訳聖書を引用させて頂いて
 います。


    ☆☆お知らせ☆☆


 申し訳ありませんが、諸事多用に
 就き、コメント欄を受け付けない
 設定にしています~m( )m

Mail Form

お名前:
メール:
件名:
本文:

クリスマス演奏会


(by パッヘルベルによろしく)

Translation(自動翻訳)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。