日毎の糧「いたわり帳byるつ~♪」

人知を越え言葉を越えて、日々の励みと自戒を込めつつ・・・☆

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国籍は天に・・・☆

2009.12.08
† 私たちの国籍は天にあります。
そこから主イエス・キリストが
救い主としておいでになるのを、
私たちは待ち望んでいます。
(ピリピ人への手紙)



  asi1-1-4.gif (イラストbyすずらんさん)


政治家の方達のコメントを聞いていると、誤解されると弁明されたり、
批判されると反論されたり・・・と、政治家の方達に限った事では
ないけれど、特にそうした世界に身をおかれていると、それぞれの内面が、
極めて明確に伝わって来そうです。

私たちの国籍は天にあると・・・この御言葉も私は好きな御言葉ですが、
いずれは誰しも黄泉に降(くだ)りますが、それならば、虚栄のない人生を
過したいものだと、加齢と共に感じる昨今です。
スポンサーサイト

|Category:生活|

主よ・・・!!

2008.06.26
† 人はその口の結ぶ実によって腹を満たし、
そのくちびるによる収穫に満たされる。
(箴言)


A-02.jpg

三つ子の魂百までと言う諺を、子供のころからよく聞いていましたが、
幼いときの性質や培った習慣は、なかなか直らないものだと、
日々に痛感しています。

兄弟姉妹の数にもよりますが、ある人は、弟や妹に甘く、
お兄ちゃん&お姉ちゃんにさせられ続けて、無理やり我慢させられたと
言う人や又その逆の人も・・・。

大人になっても、様々なコントロールや善悪の判断、基本的な
礼儀作法を教えるにあたって、三歳ごろが躾けの適齢期だという
考え方があると言う事ですが、家庭内でのルールを親が示していて
くれたらなぁ~と、相棒さんを通して、つくづく痛感しきりの昨今です。
ストレスは疲れます。

自分という主体がはっきりし始める重要な時期に、両親共に多忙ゆえ、
放任されて育ってしまった相棒さんは、家庭でのルールも何のその、
一切我関せず・・・。例えば帰宅が遅くなるときも、連絡なしと言う感じ。

一家団欒、楽しく賑やかな会話が余りなかった様子なので、
会話する事も好まない相棒さん。神様には申し訳ないですが、
加齢と共に、逆にこちらが疲れてきます。

相棒さんの全ては義母様ワールド。ただ単にマザコンかと思っていましたが、
そればかりではない様です。ずるいと言うか、付き合っている期間中は、
何かにつけて演じて?いたようで、今のような実相が分かるにつけ、
私の中で萎えるときが度々ありました。

でも神様が導き与えて下さった相手なのだと、相棒が救われるのを
主に期待していこうと、願い続け祈り続けて来ました。が・・・。
昨今の私の本音はグチが・・・。(ひとり言で申し訳ありません。)

悪魔が喜ぶ材料かもしれないと自戒しつつも、夫婦間のことは
遠慮のない間柄ですから、本当に難しいです。

↑のような環境の中で育ってきた人なので、本人も悪いと言う自覚は
さらになし。加えて社会生活の経験のない相棒さん。加齢と共に、
少しは分かるものと期待していましたが、これが三つ子の魂百までです。

大切な時期を逃すと、我侭で人の言うことを聞けない人間になるとも
言われてますが、本人はともかくも、一緒になった者は大変な迷惑です。

私は病人を治すために来た。とおっしゃる主のみ言葉を待ち望んでいますが、
何故かその時がいまだ来なくて、神様に対する疑いを、
私達の心に植えつけるのはサタンだと分かっていますが、
弱さゆえに、つくづく・・・いつになったら・・・と、肉の親にグチるように、
無意識にもグチが出てしまいます。

この世(肉の世)の中で生活していますから、 日々何かしらの誘惑に
遭う事は避けようがない現実だと思いますが、私(達)の感情がどうであれ、
神様の成してくださる救いの御業(みわざ)を願って、日々葛藤しつつ、
祈り続けています。

|Category:生活|

健康

2008.06.24
† 重いこころ~イエスへの手紙~

いま、ちょっとだけ
重くて沈んだこころになっています。

それは、
自分の思いどおりにならなかったり
受け入れられなかったり、

ただ、そんなことのために
人へ向かうこころが重くなっているのです。

大原猛著「空と雲へのあこがれ」より


8-aji.jpg


健康的な人生って、心身ともにどちらも健康でなければならないと思います。

身体的な辛さや痛さは、名医と聞けば、どんなに遠い病院でも行って
治療を受けますが、精神的な辛さは、ついつい我慢してしまったり、
恥ずかしくて人に言わずに過してしまったり・・・。

生きている限り、私達は無意識にも罪を犯してしまっていますが、
それすらも分からないくらい、歪みに対して鈍感になってしまっている
のでしょうか・・・。

自分の力でどうすることも出来ないその狭間で、いつまで訓練が
必要なのでしょうか~?と、忍耐も限度とばかり(傲慢なんですね・・・)
ついつい神様にグチってばかりですが、神様に心を守って頂き、
聖霊に満たされていなければならないと言うところに、
日々帰結されつつ、最近の私は尽きぬ現実に溜息が・・・。

|Category:生活|
CALENDAR

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RECENT ENTRIES
LINKS
PROFILE

    るつ~♪

  Author:るつ~♪

 いたわり帳へお越し頂いて
 有難うございます~ ♥

 プロテスタントの教会に集う
 管理人のるつ~♪です。

 詳しいプロフィールは、
 当 HP に記させて頂いています。
  
 御言葉のエッセンスを浴びつつ、
 自身への自戒&励みを込めて、
 日々感じた事、示された事等、
 綴っていけたらと願っています。
 どうぞ宜しくお願い致します。

 御言葉は、日本聖書刊行会発行
 の新改訳聖書を引用させて頂いて
 います。


    ☆☆お知らせ☆☆


 申し訳ありませんが、諸事多用に
 就き、コメント欄を受け付けない
 設定にしています~m( )m

Mail Form

お名前:
メール:
件名:
本文:

クリスマス演奏会


(by パッヘルベルによろしく)

Translation(自動翻訳)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。