日毎の糧「いたわり帳byるつ~♪」

人知を越え言葉を越えて、日々の励みと自戒を込めつつ・・・☆

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主よ。私を思い出してください。

2009.05.28
†父よ。
彼らをお赦しください。
彼らは、何をしているのか自分でわからないのです。
(ルカによる福音書 23・34)


色々重なるときは、どうして重なるのかと、折に触れ思っているけれど、
心身も不具合が重なるものですねぇ・・・(私だけ~?)

あくまでも私の体感ですが、調子が良い時と、そうでない時の落差、
この状態が霊的に影響されるのは、私の信仰の足りなさではないかと、
若しそうであるならば、いつまでもそこに留まっていないで、
悔い改めなければ・・・と、示され続けています。

あらためて自分の内面を見つめつつ、尊敬する師のメッセージを、
(イエス様が十字架上にかかられる時のメッセージ)思い返して
いました。

聖書に、イエス様は、二人の強盗と共に十字架につけられた事柄が
記述されていますが、神様は、二本の十字架を気まぐれに置かれた
のでなく、強盗(罪人)を近くにおかれた事は、神様の御心だと・・・。

一人の強盗は、
「イエスさま。
あなたの御国の位にお着きになるときには、
私を思い出してください。」
と、お願いしました。
(この箇所を拝読する度に、いつも心がじい~んとして来ます。)

イエス様は、「まことに、あなたに告げます。
あなたはきょう、わたしとともにパラダイスにいます。」
と、
お約束して下さいました。(ルカによる福音書 23・43)


  380407_1242198856.jpg(イラスト by すずらんさん)


もう一つの十字架は、(一方の強盗は、群集と一緒になって、
イエス様を侮ったり、侮辱するのに加担し、イエス様を呪いました。
自分の犯罪を棚にあげて、呪う事で鬱憤を晴らそうとした、
哀れな魂を象徴しているのだと・・・。

常に心に刻むべき戒めは、物理的にどんなにイエス様が近くに
いて下さっても、イエス様に悪口を言い続けた一人の強盗のように、
主を見失っている場合があると言う事。

イエス様と数メートルしか離れていない距離で、誰よりも、
十字架のイエス様の近くにいて、罪の赦しに触れ、
イエス様の口から漏れた言葉を聴いたはずなのに、
イエス様を呪う言葉ばかり・・・。

イエス様の弟子であったユダもですが、イエス様の十字架は、
人間の抱えている矛盾(無知も含め)の象徴であると・・・。

どんなに近くにいてさえも、イエス様を見失う事もあり得ると言う事、
心しなければならない事ですが、例え熱心なクリスチャン、
真面目な教会員でいたとしても、主を見失うことがあると・・・。

イエス様を十字架にかけようとしたのは、大祭司だと言う事、

こうしたことをかんがみても、人類史上最悪の悲劇は、イエス様に
近いはずの多くの人達が、イエス様を見失っていると言う事を、
真摯に心しなければならないと、牧師のメッセージテープに、
再度心を傾けつつ、主の十字架の深い意義を、再認識し直しています。
スポンサーサイト

|Category:十字架|

その重さと難しさ

2009.04.22
† あなたがたのうちで罪のない者が、
最初に彼女に石を投げなさい。

380407_1240433107.gif(by すずらんさん)


↑姦淫罪で捕らえられた女を、石打ちの刑に処すべきか?と、
イエス様を試そうとするパリサイ人に対する、イエス様のおこたえ
(御言葉)ですが・・・。

和歌山市で行われた夏祭り会場で、ヒ素が混入された
カレー毒物混入事件で、林真須美の裁判が続けられて
来ましたが、求刑通り、死刑が確定したとの報道(21日)
を見ました。

ふと思ったのですが、新しく施行された裁判員制度によって、
選ばれた裁判員によって、人が人を裁くと言う、超・難しい審議が
進んでいくことに対して、確かに彼女の様々な言動から、
林真須美被告が犯人では~?と、先ず、半数以上の人は
思っていると思います。

疑わしい可能性は高いけれども、でも決定的な物証がなく、
状況証拠しかないと言われています。仮に、林真須美被告
以外に犯人がいるとしたら・・・。今迄からも、無理やり
犯人に仕立て上げられる様な、ドラマ以上の、悲惨な事実が
幾例もありますよねっ~?

私(達)も、自分側の都合内の判断基準で、若しかして知らず知らずに、
人を裁いて生活していることが、(裁くまでもなく疑ったり)実は多いのでは?
と、思わされます。

人が人を裁いたり、有罪か無罪の判断を下すことの難しさとその重さを
考えさせられる事件で、イエス様なら、どの様な判断を下されるのか、
伺い知りたいと、切に思う昨今です。

|Category:十字架|

すべてが新しくなりました。

2008.03.24
† だれでもキリストのうちにあるなら、
その人は新しく造られた者です。
古いものは過ぎ去って、
見よ、すべてが新しくなりました。
(II コリント人への手紙 5・17)


     crossbg.gif


クリスチャンにとって誰もがご存知のクリスマスは、イエス様が救い主として、
この地上にお生まれ下さった事をお祝いする日ですが、
それに対してイースターは、イエス様が十字架刑にかかられ、
三日目に蘇えられたことを覚えて祝う、大切な記念日?ですよね。

普通ならば隠してしまいたいような死刑執行台・・・。
なのに敢えて、教会の一番目につく場所に十字架が掲げられています。
教会の源である一番大切なもの・・・。
これこそが、十字架なんだと再認識させられます。

思えば求道中だった私を導いてくださった先輩姉妹は、
ひとつひとつ紐解くように分かりやすく、イエス様に関してお話し下さった中で、
イエス様が様々な奇跡を行われた事柄は納得できたとしても、
(幼少の頃 祖母から、寝物語で仏陀が行った奇跡を聞いていましたから、
悟られている人は?奇跡を行うことが出来るんだと。)←求道中の事とて、
この様な感じ方をして、今にしてイエス様に申し訳なかったです。

主の処女ご降誕と主のご復活、共に真髄中の真髄ですが、
この二点だけは、実のところそんなはずはない。と、半信半疑でした。
史実に基づいた事実だから信じなさい。とは一言も言われなかっただけに、
どうしたら信じられるのかと戸惑い続けていました。

かりに仮死状態ならともかくも、墓に葬られた死人が本当に復活するなんて、
普通では考えられないことだし、当時の弟子達でさえ、 その事実を全く信じる
事が出来なかった様子が、聖書に記されています。

私(達)がその話しを聞いて、そんなの馬鹿馬鹿しい作り話だと思ったとしても、
当然ではないかと思います。それから数ヵ月後、洗礼の恵みが与えられ、
焦らずとも聖霊様が教えて下さる&神様の時が、必ずおとずれますね。

イエス様が捕えられた時、弟子達は皆逃げ出してしまった様子も
記されていますが、ただ一人だけイエス様の様子を覗おうとした
ペテロさんでさえも、「イエスの仲間ではないか。」と詰問されて、
「そんな人は知らない。」と・・・。

厳しい現実を目の前にすると、存在してこびり付いている弱さを持っていると
言う事をいつも認識させられてばかりですが、大事なのはその様な弟子達が、
180度全く変えられて行った事実です。

信仰の日々を加える毎に、何が当時の先駆者の皆さんを変えたのかと
興味を覚えて聖書を拝読していくうちに、この復活の事実がして、
否 この復活の事実がなければ、死をも賭して伝道に、
その尊い命を献身されることはなかったのではないかと。

「人はだれでも新しく生まれ変わることができる。」の御言葉の秘訣は、
とりもなおさず ご復活の主の十字架にあると。主よアーメンです。

ご復活の事実がなければ死んだ宗教、宗教だけの宗教で終わっていますよね。

|Category:十字架|CM:(3)
CALENDAR

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RECENT ENTRIES
LINKS
PROFILE

    るつ~♪

  Author:るつ~♪

 いたわり帳へお越し頂いて
 有難うございます~ ♥

 プロテスタントの教会に集う
 管理人のるつ~♪です。

 詳しいプロフィールは、
 当 HP に記させて頂いています。
  
 御言葉のエッセンスを浴びつつ、
 自身への自戒&励みを込めて、
 日々感じた事、示された事等、
 綴っていけたらと願っています。
 どうぞ宜しくお願い致します。

 御言葉は、日本聖書刊行会発行
 の新改訳聖書を引用させて頂いて
 います。


    ☆☆お知らせ☆☆


 申し訳ありませんが、諸事多用に
 就き、コメント欄を受け付けない
 設定にしています~m( )m

Mail Form

お名前:
メール:
件名:
本文:

クリスマス演奏会


(by パッヘルベルによろしく)

Translation(自動翻訳)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。