日毎の糧「いたわり帳byるつ~♪」

人知を越え言葉を越えて、日々の励みと自戒を込めつつ・・・☆

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祈り(詩篇)

2010.03.23
† 私の言うことを耳に入れてください。
主よ。私のうめきを聞き取ってください。

私の叫びの声を心に留めてください。
私の王、私の神。

私はあなたに祈っています。
主よ。朝明けに、私の声を聞いてください。
朝明けに、私はあなたのために備えをし、
見張りをいたします。
(詩篇 5・13)

380407_1265446409.gif(イラスト by すずらんさん)

詩篇の作者に合わせてアーメンです。
スポンサーサイト

|Category:祈り|

心を落ち着かせて・・・☆

2010.03.22
†信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。
神に近づく者は、神がおられることと、
神を求める者には報いてくださる方であることとを、
信じなければならないのです。
(ヘブル人への手紙 11・6)



    illust-raineyday2.jpg


神様との親近感や、神様との絆の深まりは、自らが取るに足りない、
弱さや醜さが一杯の小さい者である事を自覚していなければ・・・と、
いつも思わされます。

またお導きや、主からのお知恵や教えを請う時、何か違う事を考え
ながらとか、又何々をしながらと言うか、雑音(雑念?)があったりとか、
何かのついででは、絶対集中して祈れないと思います。

私の場合、ブログなどのレスにしても、たとえ時間があっても、
集中出来ない時(心が落ち着かない時)は書かないようにしています。
と言うか、書けませんが・・・。)

日常の雑務から離れ、心を落ち着かせ真剣にお祈りしないと、
心の奥深くにまで真理が届かないですねっ~374-face.gif(私の実感です。)

|Category:祈り|

親の祈り・・・☆

2009.10.27
†怒っても、罪を犯してはなりません。
日が暮れるまで憤ったままでいてはいけません。
(エペソ人への手紙 4・26)


   
     kodomo1-2-1.jpg
          (イラストbyすずらんさん)
 
  ☆━━━━━━━━━━━━━━━☆
      
      ☆親の祈り☆

神様、私をよりよい親にしてください。
私の見果てぬ夢を子どもに負わせることなく、
子ども自身が人生を選ぶことを助けるものにしてください。

道草や回り道にもいらいらせず、
子どもの長い人生からこれを見守る賢さをお与え下さい。

のろさやぐずさに八つ当たりして、
子どものやる気をそぐことがありませんように。
 
誰にでもある失敗にほほえむ余裕を、
否には否をもって当たり得る者としてください。
 
叱る時には、優しい声と温かい心をお授け下さい。
そうすればきっと、叱られた訳に聞き入り、
人生の秩序と決まりを生涯の友とするでしょう。

くどくしつこい言葉や黙って無視することから私をお助け下さい。
そして、まっすぐに頼ってくるまなざしを
理解と和らぎにおいて受け止めることが出来ますように。

どうか、私の声と怒りを静めてください。
そうすれば生きる喜びまで曇らすような親子喧嘩はなくなるでしょう。

私の子どもが私を見て、
大人になることをためらうことのないように私に内なる輝きをお備え下さい。

あるがままの彼らを受け入れ、そのままで喜ぶものにしてください。
そうすれば、きっと安心して生きていい事を知るからです。

どうか、確かさと優しさにおいて、子ども達を育ませてください。

いつの日か、彼らもまた、そのように隣人を 受け入れることを得るからです。
 
そして神様、その時がきたら、
彼らが望んだ人生を行かせる勇気をわたしにお与え下さい。

その日には、育んできた者達が、
胸をはって自らの信じる道を確かな足どりで
巣立っていくのをみることができるでしょう。
 
自信と優しさと、そして良心を心の友としながら。

 (by マリオン・B・ダーフィーの祈りより )

|Category:祈り|
CALENDAR

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RECENT ENTRIES
LINKS
PROFILE

    るつ~♪

  Author:るつ~♪

 いたわり帳へお越し頂いて
 有難うございます~ ♥

 プロテスタントの教会に集う
 管理人のるつ~♪です。

 詳しいプロフィールは、
 当 HP に記させて頂いています。
  
 御言葉のエッセンスを浴びつつ、
 自身への自戒&励みを込めて、
 日々感じた事、示された事等、
 綴っていけたらと願っています。
 どうぞ宜しくお願い致します。

 御言葉は、日本聖書刊行会発行
 の新改訳聖書を引用させて頂いて
 います。


    ☆☆お知らせ☆☆


 申し訳ありませんが、諸事多用に
 就き、コメント欄を受け付けない
 設定にしています~m( )m

Mail Form

お名前:
メール:
件名:
本文:

クリスマス演奏会


(by パッヘルベルによろしく)

Translation(自動翻訳)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。