日毎の糧「いたわり帳byるつ~♪」

人知を越え言葉を越えて、日々の励みと自戒を込めつつ・・・☆

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救いを祈りて・・・☆(23日の追記)

2009.10.24
† 神は、キリストによって、
私たちをご自分と和解させ、
また和解の務めを私たちに与えてくださいました。
すなわち、神は、キリストにあって、
この世をご自分と和解させ、
違反行為の責めを人々に負わせないで、
和解のことばを私たちにゆだねられたのです。
(Ⅱコリント人への手紙 5・18)



 2-happy.gif   2-happy.gif   2-happy.gif


大人になってからも、色々な事件沙汰を犯してしまう人たちも、
繊細で人格的には未熟な時期、純真なはずの子供心が、
家庭背景にある何かで屈折した状態のまま、成長してしまうの
ではないかしら?と・・・。

大切な事は、それを受け取る側(大人)の対応が貧弱と言うか、
核家族化で、(少子化も含め)おじいちゃんや、おばぁちゃん達と
接する事も、兄弟姉妹達とワイワイガヤガヤと接する中から、
何かを学び得る事も少なくなっている現実。

親身になって対峙してくれる(叱ってくれる事も含め)
大人が少なくなっている事も、大きな要因を成している様に
思いますが、飽食の時代、子供達の心の方がやせ細って
行くばかりで、現代の子供達が、気の毒に思えて仕方が
ありません。良い出会いの大切さを痛感しきりです。

その後、D君兄弟は「おばさん、遊びに来たよ。」と、
一人で遊びに来る時があったり(一卵性の双子なのに、
二人は仲が良くないので、一緒に来る事がありません。)
近くにいる従姉妹を連れてくる時があったり、親戚を訪ねる
かの様な気軽さで、何度か遊びに来てくれています。

用事をしていても、彼等と対応する時間を大切にと心がけていますが、
いつの日か親を離れ、大人の仲間の中に巣立って行く子供達~☆

聖書に、子供たちを叱った弟子たちに、
「子供たちを許してやりなさい。
邪魔をしないで私の所に来させなさい。
天の御国はこのような者たちの国なのです。」
と、イエス様はおっしゃいました。

      
     tf2463-3.jpg


イエス様は、子供達の心を全てご存知だから、
子供だからと言って決して馬鹿にしたりなさいません。
D君兄弟の他にも、近隣にあっても、
様々な現実を負っている子達がいます。

この子達と出会って、祈りの課題にしている事は、国にあっては、
内戦などで犠牲になっている多くの子供達のことも、浮かんできます。
子供達が救われて欲しいと、切実に思わされています。

クリスマスが近づいて来ましたが、今年のクリスマスには、
D君&Y君をはじめ、教会の子供クリスマス会に、
ご近所の子達を誘ってあげたいと願っています。

将来のある子供達の救いを、ブログを覗いて下さっている
皆さんと共に、お祈りさせて頂けたら幸いです。
スポンサーサイト

|Category:救い|

いのち・・・☆

2008.06.27
† 神を愛する人々、
すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、
神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、
私たちは知っています。(ローマ人への手紙 8・28)



    4-country.jpg


台所に立ちながら、お食事の用意をしている時間や、
家の中で用事をしている間中、ラジオをつけっ放しにして聴いています。

昨晩 ラジオNHKで、大変な反響だったので、享年31歳の若さで
(先月&5月)息を引き取られたばかりの池田真一さんという方の
「精いっぱい生きた証し・メッセージを残しての旅立ち。」と言うタイトルの
再放送がされました。

3回目の結婚記念日に、自らの闘病記「生きたい!僕の履歴書」を
出版された四国高松市の池田真一さんという方のお話ですが、
池田さんは高校時代に、白血病(血液の癌)と診断され、
骨髄移植でいったんは回復されました。

自分が経験された辛い病気を通して、何かお役に立てればと、
入院で休学されていた大学を退学され、理学療法士の学校に入学され、
免許を習得。

病院で理学療法士として働かれていた28歳の時、肺機能が低下する
肺線維症と分かって、闘病生活を送りながら、肺移植を待ち続けられて
いましたが、31歳と言う志半ばで、多くの方達に有難うの言葉も残して、
先月息を引き取られたばかり。

最期は寝たきりの病床生活でしたが、病床でも携帯電話を使ってならば、
キーを打てると言う事で、生きたいと言う小説を書かれました。
偶然見つけられたインターネットサイトに、昨年6月から投稿を始められると、
次第にアクセスされる方が増えて、単行本化する夢が現実になりました。

病気になって、迷惑ばかりかけてごめんなさい。ではなく、
これからはみんなに感謝の気持ちを伝えたいと、元気な折に、
池田さんは語られていました。

クリスチャンではありませんが、彼の語られる一言一言が、
胸にじい~んと伝わってきて、もっと命がゆるされたら、
きっと神様と出会って下さるのではないだろうか・・・と思いつつ、
最後まで聴き入っていました。

僕はこんなに生きたいと思っているのに、現代の若者達は
命を粗末にしがち、ありふれた日常生活が、どんなに有難い事か、
若い人に伝えたかったとも・・・。

皆 平等に与えられているのは時間だと思いますが、
自分の命を大切にしなかったり、時間を無駄に過してしまったり、
むしろ健康な者ほど有難さを感じないで、粗末にしがちではないかと、
様々に考えさせられた放送でした。

↓が池田真一さんのサイトです。

    頑張れ 真ちゃん

|Category:救い|

現実を前にして。

2008.03.28
† わたしが道であり、真理であり、命なのです。
(ヨハネの福音書)


  omoi2.jpg


徹夜もOKだった若かりし頃と違って、いつも思う事の一つに、
用事でも何でもですが何故一度に重なるのかと、
一点クリアーしたら次、また次にと起こってくれたらと、
体力・筋力・集中力・その他諸々、次第に(どころか一気に・・・)
転げ落ちていく様な昨今、切に思います。

重なると言えば・・・私の知っている、まだ若いと思っていた(いる)方達が、
一人二人と、その人生の幕を閉じられて行かれます。最近では、
独身時代 同じ職場で働いていた同僚だった方(♂)が40代にして、
つい最近では、一昨日お知り合いの方から℡で知らされたばかりですが、
幼い頃同じ遊びに興じた馴染みが(♀) どちらも三大死因のトップに
ランキングされている病気で、神様を知らずして土にかえって行かれた。

クリスチャンの私達は「死は恐くない。天国でイエス様におあい出来るし、
全ての思い煩いからも解放されて、死も涙もないところに帰れるのだから。」
等と、堂々と?コメントしますが、確かに「アーメン」かもしれないけれど・・・。

自分の身に、何が起こったのかさえわからない状態ならまだしも・・・、
余命を宣告されたとして、心臓をはじめ全ての機能が止まってしまう現実を、
果たして↑のような気持ちで、淡々と待っていることが出来るか否か・・・。

改めて静かに考えると、複雑な思いが去来します。

明日手術と言う前夜(当時、神様と出会っていなかった私自身の事ですが。)
まんじりとも出来ず、病室の白い天井を見上げたまま、
二十代の身が裂かれる思いで、何とも形容しがたい感情が行き交う
複雑な過中で、若し万が一のことがあったらと、両親と親友に、
「先立つ不幸を・・・」と、遺言とまでいかなくてもその胸中を認め、
寂しいまでも複雑な想いをしのばせ、そっと枕の下に置いた記憶が
再度蘇って来ました。

趣意が前後しますが、今思えることは、↑の経験を二度も踏まえた上で、
神様のおはからいによって、一定期間、暗闇の中に置かれていた者でしたが、
体力の衰えはかくせませんが、今ここに元気な私が生かされています。

神様を知らなかった頃で(すら)主の大きな腕でいのちが守られていた事、
その後の体調不良や、それに伴う精神的な苦しみを、相対的な励ましや
慰めに支えられ、奈落の底に落ちっぱなしでなく、独身時代を過して来られた
ことは感謝な事でした。が・・・・・☆

                  (27日に続きます。↓)

|Category:救い|CM:(2)
CALENDAR

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

RECENT ENTRIES
LINKS
PROFILE

    るつ~♪

  Author:るつ~♪

 いたわり帳へお越し頂いて
 有難うございます~ ♥

 プロテスタントの教会に集う
 管理人のるつ~♪です。

 詳しいプロフィールは、
 当 HP に記させて頂いています。
  
 御言葉のエッセンスを浴びつつ、
 自身への自戒&励みを込めて、
 日々感じた事、示された事等、
 綴っていけたらと願っています。
 どうぞ宜しくお願い致します。

 御言葉は、日本聖書刊行会発行
 の新改訳聖書を引用させて頂いて
 います。


    ☆☆お知らせ☆☆


 申し訳ありませんが、諸事多用に
 就き、コメント欄を受け付けない
 設定にしています~m( )m

Mail Form

お名前:
メール:
件名:
本文:

クリスマス演奏会


(by パッヘルベルによろしく)

Translation(自動翻訳)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。