日毎の糧「いたわり帳byるつ~♪」

人知を越え言葉を越えて、日々の励みと自戒を込めつつ・・・☆

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全ては神様が・・・・☆

2009.11.24
†では、どうなのでしょう。
私たちは他の者にまさっているのでしょうか。
決してそうではありません。
私たちは前に、ユダヤ人もギリシヤ人も、
すべての人が罪の下にあると責めたのです。

それは、次のように書いてあるとおりです。

「義人はいない。ひとりもいない。
悟りのある人はいない。
神を求める人はいない。
すべての人が迷い出て、みな、ともに無益な者となった。
善を行なう人はいない。ひとりもいない。
( ローマ人への手紙)



  380407_1258925259.jpg (写真byすずらんさん)


新政権に変わって、事業仕分け作業が行われています。

この件に関して、メディアによる情報も含め、
人の数だけ、色々賛否両論があろうかと思っています。

国民的な観点から、国の予算や制度、国の行政全般の在り方を
刷新すると共に、国や地方公共団体、及び民間の役割の在り方の
見直しを行うのが目的と言う事ですが・・・☆

政治に関して全く無知な私が、個人的モードで幼稚な事を申し上げる
のは恐縮ですが、何が良いのか否かを述べることが目的でも、
解決方法を述べることが目的でも、支持率UPが背景にあるのか?等など、
是々非々を述べるのが目的でもなく、この件に関しての良い悪いは別として、
信仰面で色々と考えてみました。

若しも、公衆の面前で、
「あなたは、罪を犯しています。
罪を犯していると思わないのですか?
どうなんですか?簡単に説明してください。」

「あなたは、悔い改めの余地がありますから、検討します。」

「あなたは、何々だから省きます。保留にします。凍結します。」
ETC・・・。

光りに照らされたら、闇の部分が明らかになると言う、
長く続いた政権の、悪い所は勿論刷新すべきは充分わかります。
が、人が人を裁く(判別)と言う事において、公衆の面前と僅かな時間内で、
有無を言わせず、その功罪を矢継ぎ早に問われたとしたら・・・(_ _*)

義人も、悟りのある人も、善を行なう人も、ひとりもいないのです。
神様を求める人もいません。すべての人が迷い出ているのです。

全てをお見通しなお方は唯お一人。目に見えないけれど大切なものが
あるはず。勝利はただ主にあることを信じ、主の成して下さることに期待し、
良い方向になって行く事をイエス様に願いつつ・・・。
スポンサーサイト

知識の初め

2009.06.24
† 主を恐れることは知識の初めである。
愚か者は知恵と訓戒をさげすむ。
(箴言 1・7)


   cloH1-02.jpg

↑の御言葉は、人生にとって大事な教えが凝縮されていて、
私自身も神様と出会って、人として大切な真の知識を得ました。

拙い当ブログですが、若しノンクリスチャンの方がご覧下さっていたら、
主を恐れることは・・・の「恐れ」とは、神様を「畏れる」の意味で、
神様が恐いと言う意味ではなくて、人知を超えた偉大な神様の存在を、
畏敬の念を持って認める事だと、知っていただけたら幸いです。

よく若い方達が、自分探しの人生の旅に出る・・・!?と言われているのを
聞いた事がありますが、探しても見つけられなかったり、生きる指針が
分からずに悩んでおられたら、思いっきり悩んだ方が良いかな~?と、
個人的には思っています。

悩みや苦しみの中から、心の死蔵に気づき、自分の人生にとって、
大切な大切な存在と出会い、(素直に受け入れられたら)
人生最高の知識の初めの出会いであると・・・。

今あるはただ・・・☆

2009.01.08
† あなたが私の内臓を造り、
母の胎のうちで私を組み立てられたからです。
私は感謝します。

あなたは私に、奇しいことをなさって恐ろしいほどです。
私のたましいは、それをよく知っています。

私がひそかに造られ、地の深い所で仕組まれたとき、
私の骨組みはあなたに隠れてはいませんでした。

あなたの目は胎児の私を見られ、
あなたの書物にすべてが、書きしるされました。
(詩篇)



   03lucy.gif

藤木 正三師の「福音は届いていますか。」の著書の一節に、
欠点のない人はいません。そして容易に直らないのが欠点です。

直らないからと言って、自分を責めても人を責めても疲れるだけです。
と記述されていますが、「アーメンです。」と、痛感しきりの昨今です。

何もしてくれない相手(夫)を責めつつ、責めている自分が情けなくなって、
自らを責め続けていた私ですが、私がどこから救われたのか、
救われる以前の私はどういう人だったのか、今あるのはただただ、
主の恵みに尽きると、心から痛感する事ばかりです。
CALENDAR

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RECENT ENTRIES
LINKS
PROFILE

    るつ~♪

  Author:るつ~♪

 いたわり帳へお越し頂いて
 有難うございます~ ♥

 プロテスタントの教会に集う
 管理人のるつ~♪です。

 詳しいプロフィールは、
 当 HP に記させて頂いています。
  
 御言葉のエッセンスを浴びつつ、
 自身への自戒&励みを込めて、
 日々感じた事、示された事等、
 綴っていけたらと願っています。
 どうぞ宜しくお願い致します。

 御言葉は、日本聖書刊行会発行
 の新改訳聖書を引用させて頂いて
 います。


    ☆☆お知らせ☆☆


 申し訳ありませんが、諸事多用に
 就き、コメント欄を受け付けない
 設定にしています~m( )m

Mail Form

お名前:
メール:
件名:
本文:

クリスマス演奏会


(by パッヘルベルによろしく)

Translation(自動翻訳)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。