日毎の糧「いたわり帳byるつ~♪」

人知を越え言葉を越えて、日々の励みと自戒を込めつつ・・・☆

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラウマが・・・(;;

2008.06.09
† 滅びに至らせる友人たちもあれば、
兄弟よりも親密な者もいる。
(箴言 18・24)




   45709_1212973569.jpg
        (by すずらんさん)


「そんなことが出来ないの~誰々さんに負けるわよ。」
「もっと頑張らないと、希望校に合格出来ないわよ~。」
ETC・・・。

格差社会にあって、様々な格差が生まれていることは、
否めない世の姿だと思います。故に、子供にハッパをかける様な
言葉が乱れ飛ぶ家庭。

こうした動機付けで子供を躾ても、子供の為に何もならない所か、
むしろ自信喪失、自己嫌悪の塊になりかねないと。

生まれてくる時は、みんな等しく、同じ無垢の状態で生まれてきます。
育つプロセスに於いて、親に反抗出来ないまま良い子を演じなければ
ならなかった子は、多かれ少なかれ心に傷を負ったまま大人に・・・。
大人になって、そうした事柄が一気に爆発する場合があると・・・。

子供の為に励ましているつもり?であっても、実の所は、
親のエゴ・・・と言うか、この世の価値観(一流大学に合格して、
一流企業に就職してくれたら、親の方が安心だと。)

親も、この世の価値観の中で育ってきたので、
自分の子供にも、この世の価値観を押し付けていると・・・。

↑は、某師のメッセージで伺った内容ですが、
子供を育てた経験のない者ですが、子育てって大変なことだと、
痛感します。

子供の頃は、親の言いなりになって良い子で育って来た子や、
又家庭環境が複雑だったり、子供の人格を拒絶されて育った子は、
何かの動機が発端となって切れやすいと・・・。

お金があり、全てに満たされていても、精神的に満たされていない子、
逆に、何かの理由で苦労を余儀なくされても、満たされている子等々、
育ってきた環境は千差万別で、必ずしも皆さんが同じではないですが、

何かあったときに、一緒に祈ろうって言ってくれる友に恵まれ、
良心を取り戻させてくれる友に恵まれていることは、
今の世の中大切な事ではないかな~と、痛感しきりです。

通り魔殺人事件の類似事件が、もうこれ以上起こらないことを、
心から祈らずにはいられません。そのようなことを犯すのは、
弱い人間だから・・・等と、一言では片付けられない、
そにには「強がっていても、僕の私の本心は淋しいんです。
理解してくれる話相手が欲しいんです~。」と、心の底で叫び続けている、
真の愛情を欲している人が、実に多く存在しているって事だと思います。

そうした方達の上に、主の福音が一日も早く届きますようにと、
祈り続けていかなければ、先に救われた者の使命を強く覚えます。
スポンサーサイト

|Category:誘惑|

世に勝つ者

2008.02.02
もし私たちが御霊によって生きるなら、
御霊に導かれて進もうではありませんか。
(ガラテヤ人への手紙 5・25)



      love-muffler.gif


ある冊子に、神様に対する疑いを人の心に植えつければ、
悪魔(サタン)の狙いは半分以上成功したも同様であると、
記されていました。

信仰を阻む本当の敵は人ではなく、試みる者と呼ばれる
サタンが使う手段は、疑いを起こさせたり、様々な妄想を
植えつけたりして、主から離そうと画策してきます。

主の御言葉なのか、サタンの罠なのか、人間関係(信頼感)についても
そうだと思いますが、サタンは巧妙で狡猾ですから、これはヤバイな!
と示されたら、聖書の御言葉に信頼して歩んで行かなければと、
常に思わされます。

聖書に、世に勝つ者とはだれでしょう。イエスを御子と信じる者では
ありませんか。
と、第Ⅰヨハネの福音書に記述されていますが、
アーメンです。

|Category:誘惑|CM:(0)

サタンの誘惑

2008.01.03
力の限り見張って、
あなたの心を見守れ、
いのちの泉はこれから湧く。
(箴言)


11-y.jpg


人間関係の中で許すと言う言葉は知っていても、神様から罪赦されたという、
許すと赦すの意味(言葉)をしらなかった頃、意志を持って人為的に、
律法を犯さなければ、警察のご厄介にならなければ、右にならえに
近い罪過の中で、罪過の中にいることさえ知らず、無条件の愛という
言葉の深い意味さえ知らなかった頃、ならばともかくも・・・。

それでも、嘘をついたり悪口を言ったりしただけでも、
クリスチャンは特に、良心が責められると思います。

昨年の事でしょうか~? ↓の事件を最近知ったばかりで驚きましたが、
某教会の伝道師が、出会い系サイトで知り合った14歳の女子中学生と
みだらな行為をしたとして、児童福祉法違反の疑いで逮捕される様な
事件が、起こっていたのですね。

今までからも色んな事件がありましたが、牧師であっても伝道師であっても、
誰人であっても、罪の誘惑に如何に弱いものでしょうか・・・(^_^;)
聖書に、罪の誘惑が来ることは避けられない内容が記されていますが、
姦淫罪を犯していないから大丈夫と、誰も言い切れないと思います。

聖霊様と同じく、サタンは目に見えないけれど実在し、今でも激しく
神様に敵対していますから、神様から引き離そうと狡猾に画策し、
正しい道から引き離そうと、様々な人や物質(金銭など)等を通して、
その思いや、感覚、意志にと、誘惑の輪を広げて行くのだと伺っています。

↑の御言葉にもありますが、よほど自分の心を見守っていなければ、
様々な形の誘惑は他人事でないと痛感します。

|Category:誘惑|CM:(0)
CALENDAR

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RECENT ENTRIES
LINKS
PROFILE

    るつ~♪

  Author:るつ~♪

 いたわり帳へお越し頂いて
 有難うございます~ ♥

 プロテスタントの教会に集う
 管理人のるつ~♪です。

 詳しいプロフィールは、
 当 HP に記させて頂いています。
  
 御言葉のエッセンスを浴びつつ、
 自身への自戒&励みを込めて、
 日々感じた事、示された事等、
 綴っていけたらと願っています。
 どうぞ宜しくお願い致します。

 御言葉は、日本聖書刊行会発行
 の新改訳聖書を引用させて頂いて
 います。


    ☆☆お知らせ☆☆


 申し訳ありませんが、諸事多用に
 就き、コメント欄を受け付けない
 設定にしています~m( )m

Mail Form

お名前:
メール:
件名:
本文:

クリスマス演奏会


(by パッヘルベルによろしく)

Translation(自動翻訳)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。