日毎の糧「いたわり帳byるつ~♪」

人知を越え言葉を越えて、日々の励みと自戒を込めつつ・・・☆

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義父を偲び・・・☆

2007.07.31
† ですから、私たちは勇気を失いません。
たとい私たちの外なる人は衰えても、
内なる人は日々新たにされています。
(Ⅱ コリント人への手紙)


  
 45709_1185922942.jpg
       (by すずらんさん)


新鮮な野菜や米が食べられるのも、泥を嫌ったら作れないと、
ただひたすら黙々と土に生き、最期は苦しむこともなく
眠るように静かに土に帰られた義父。

老齢に加えて脳梗塞の後遺症で、最期はほとんどベット生活でしたが、
それでも最後の最後まで、家族に迷惑は掛けられないと、
気丈だった人だけに頭はちゃんとされていた。

義父が元気な頃は様々な葛藤がありましたが、
動きの悪くなった身体と言語を、何度かマッサージをしてあげたり、
言葉遊び(言語療法)をしながら、義父の為に、
少しでも喜んでもらえる事が出来たことは幸いでした。

主は必要に応じて、時にかなって美しいことを成して下さいますから
有難うございます。
スポンサーサイト

|Category:信仰|CM:(0)

全ては神様のなさる事

2007.07.30

ただし、あなたがたは、
しっかりとした土台の上に堅く立って、
すでに聞いた福音の望みからはずれることなく、
信仰に踏みとどまらなければなりません。

この福音は、
天の下のすべての造られたものに宣べ伝えられているのであって、
このパウロはそれに仕える者となったのです。
(コロサイ人への手紙 1・23)


       
    45709_1185708497.jpg
         (by すずらんさん)


昨日は、参議院選挙の投票日でした。

今までの私は、どなたがなっても同じようなものだと、
御心にかなった人が当選しますように・・・と祈るのみで、
棄権したこともありました。でも政治が良くならなければ、
全てが良くなりませんよねっ?

金銭&物質を愛する自分よがりな、高いところから人を見下している
かの様に伝わって来る人達に、弱者の気持ち等、本当に分かりっこ
ないと思います。

どなたに投票すればよいのか迷いますが、この国に住まわせて頂く者
の一人として、無関心であってはいけないと新たにさせられてから、
棄権しなくなりました。

自民党が大敗を喫す結果となったこの度の選挙は、想像以上のものでした。
審判を下されるお方が、謙虚な政治家になるべき己を直視するよう、
国民一人一人の声に頭を低くし心の耳を傾けるべく、色んな意味において、
チャンスをお与え下さった様に感じました。

主が私達をお救い下さる方法は高慢なものでなく、どなたに対しても謙遜で、
裏金工作?も無駄遣いもなく、透明で分かりやすいものですよね?

長年続いてきた優越性政治が、歴史的大敗と言う現実を叩きつけられた事は、
天からメスが入れられたように私は思います。この逆境と言うか、
国民が投じた結果こそ、真に必要な政治家としての心の資産が回復
するべき時でもあると信じています。より良き改善への道に繋がって
行く事を期待しています。

主は、全てをご存知でいて下さいますねっ!!

|Category:未分類|CM:(0)

信仰の喜び

2007.07.29

神は、みこころのままに、
あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、
事を行なわせてくださるのです。
すべてのことを、つぶやかず、
疑わずに行ないなさい。
(ピリピ人への手紙 2・13~14)


      dojyousukui.gif


信仰は確かに喜びを与えてくれますが、しかし、
それは喜びのためのものではないのです。何のためかと言えば、
人生の根底にある問題を明らかにするためと言えましょうか。

信仰は人の醜さを明らかにし、それから目を逸らさせないように
拘束することをもって、第一義とするものなのです。

そういう意味で信仰は、喜びよりは苦しさを与えるものなのであり、
そしてまさに、その苦しさにおいて人生の根底に触れている故の
安定感を与えるものであるのです。

信仰の与える喜びというものは、結局、この安定感の別名に
他なりません。
         
      (灰色の断層より  藤木正三師)

|Category:未分類|CM:(0)

悔い改めの祈り

2007.07.28

主に信頼して善を行なえ。
地に住み、誠実を養え。
主をおのれの喜びとせよ。
主はあなたの心の願いをかなえてくださる。
(詩篇)


9-mt.jpg

敬愛する師曰く(メッセージで伺った内容) 祈りに関して、
こうなったら良いな・・・、こうなって欲しい、こうなりますように等と言う
願望的祈り(浅い祈り)でなく、切に熱心に、願い頼む祈りが大切であると。

使徒パウロは、悪魔の策略に立ち向かう為に、神の武具をすべてに
着けるようにと語られています。

信仰の先駆者&私たちの大先輩は、現在の様に携帯℡やPCで伝えたり、
車や新幹線、飛行機などに乗って伝道できるような状態でない、
それだけでも過酷な条件下にあって、命を賭して伝道して下さったお陰で、
今の私があると言う事を痛感しています。

何度も何度も思わされている事ですが、何と生ぬるい日々に甘んじ
過ぎていることかと。忍耐が足らない所以ではないだろうか・・・。
常に切実なる願いをもって、主の御前に祈る者とさせて下さいと
あらたにしています。

クリスチャンで良かったと、感謝できる事柄は沢山ありますが、
感情が先行するような場合など、主の御前で悔い改めのお祈りを
させて頂ける事ではないでしょうか・・・!

|Category:未分類|CM:(0)

ヨブの苦悶を通して・・・

2007.07.27

ああ、私はつまらない者です。
あなたに何と口答えできましょう。
(ヨブ記 40・1)


heartribbon.jpg


自分の深層にあるものを表現するのは、実に難しいことですねっ?

決して疑心暗鬼に立っているのでなくても、神様何故ですか?と言う
疑問があると言う事は、疑っているのか、それとも忍耐が足らないのか、
傲慢なのか・・・?

苦しみ悩んでいるクリスチャンへの慰めの書と言われるヨブ記ですが、
神様の恵み&祝福が、子宝だったり、所有する家畜やしもべの数、
健康や家族の安泰にあるという様なこの世の価値観が、全て覆される
様な出来事が次々起こったとき、神様をどのように仰げばよいのか、
苦難の極限まで追いつめられると言う事が、なぜ自分に起こらなけれ
ばならないのか・・・?

神様に対しても人に対しても義しく生きていたヨブに、思いもよらない
試練&災いが次々と訪れるという、この世の不可解さを思う時、
神様側からの視点で、ヨブ記を読みたいと何度か目を通すのですが、

所有していた財産すべてを奪われても尚、神様に信頼したヨブに、
解決をもたらすどころか災いは続き、このままどうなってしまうのかと言う
恐怖が襲ったとき、ヨブは自らを呪い、なぜ?と、神様に理由を迫る
箇所があります。

私の悩みと、ヨブが受けた試練&襲ってきた災いは、比べものにはなりませんが、
ヨブの気持ちがようく伝わってくる思いがして、オーバーラップしてしまいます。

友人たちをはじめ、次々と様々な人たちとの問答がありますが、
神様がご教示下さるのは、渦巻く間違った思い&自分の問題ばかりに
目を留め支配され、御旨が分からなくなっているヨブが、再び神様を
見上げて行ったように・・・

真髄は、神様の御前に如何に小さな罪深い存在であるのか、
(観念でなく)故に神様の目に完全な者、成熟した信仰者へと変えて
下さるための訓練は、人間の側から見れば、それは訓練と分かって
いても、いつまで続くのですか?という問いかけになってしまいます。

祈り続けているのに何故ですかと言う、思い上がっていた私に対して
語られているのも等しい書であると、新たにしています。

|Category:未分類|CM:(2)
CALENDAR

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RECENT ENTRIES
LINKS
PROFILE

    るつ~♪

  Author:るつ~♪

 いたわり帳へお越し頂いて
 有難うございます~ ♥

 プロテスタントの教会に集う
 管理人のるつ~♪です。

 詳しいプロフィールは、
 当 HP に記させて頂いています。
  
 御言葉のエッセンスを浴びつつ、
 自身への自戒&励みを込めて、
 日々感じた事、示された事等、
 綴っていけたらと願っています。
 どうぞ宜しくお願い致します。

 御言葉は、日本聖書刊行会発行
 の新改訳聖書を引用させて頂いて
 います。


    ☆☆お知らせ☆☆


 申し訳ありませんが、諸事多用に
 就き、コメント欄を受け付けない
 設定にしています~m( )m

Mail Form

お名前:
メール:
件名:
本文:

クリスマス演奏会


(by パッヘルベルによろしく)

Translation(自動翻訳)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。