日毎の糧「いたわり帳byるつ~♪」

人知を越え言葉を越えて、日々の励みと自戒を込めつつ・・・☆

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成すべき事

2008.04.30
† .あなたがたは地の塩です。
(マタイの福音書)


 
 45709_1209506043.gif (by すずらんさん)


「神様 今年はどうぞ豊作にして下さい。」と ある農夫が神様に祈りました。

でも聞かれませんでした。

二年目にも「今年こそは、どうか豊作にして下さい。」と祈りましたが、
矢張り聞かれませんでした。

三年目に、神様の方からその農夫に語りかけられました。

「わたしは、あなたの畑に豊かな実りを与えよう。
だから、まず種をまきなさい。」 と・・・。

↑のお話を、メッセージで伺ったことがありました。

私たちは、肝心の信仰の種を蒔かずして、ともすると自分の要求ばかりを
神様に祈りますが、実践のない信仰は死んだものだと聖書にありますが、
自分がやらなけれぎならない分というものがあると言う事を、
神様が教えて下さいますから、主のみ声に耳を傾け続けたいと、
改めさせられました。
スポンサーサイト

|Category:信仰|CM:(1)

悔い改めの祈り

2008.04.29
† あなたがたは イエス・キリストを見たことはないけれども
愛しており、いま見てはいないけれども信じており、
ことばに尽くすことのできない、栄えに満ちた喜びにおどっています。
これは、信仰の結果である、たましいの救いを得ているからです。
(Ⅰ ペテロの手紙 1・8~9)



bga.jpg


欠点のない人はいないし、ましてノンクリスチャンなんだから・・・と、
何度も何度も私の心に言い聞かせつつも、相棒(夫)の間違いが、
殊更、目について仕方がありませんでした。

最近は、自分もなんだ・・・。 自分も間違いが多かった。と、
素直に認められる様にならせていただけたように思います。

何度 自身に言い聞かせても、感情や思いつきでは、
なかなか悔い改めることはできないように思います。

主の御前で低くなって、祈って祈って悔い改めるって、
本当に大切な事だと痛感しきりです。

|Category:悔い改め|CM:(4)

価値観

2008.04.28
† 天の下では、何事にも定まった時期があり、
すべての営みにはときがある。
泣くのに時があり、ほほえむのに時がある。

嘆くのに時があり、踊るのに時がある。
引き裂くのに時があり、縫い合わせるのに時がある。
愛するのに時があり、憎むのに時がある。

神のなさることは、すべて時にかなって美しい。
(伝道者の書)
2bigflo51.jpg


↑の御言葉から、人間の側で起こる色んな事柄、状況などは、
偶然ではなく、全てが神様の御手の中で、生まれるのも死ぬのも、
時の中に行われているという事を、昨日の礼拝で新たに致しました。

この世で生かされている旅人(寄留者)の私達のいのちは一瞬ですが、
その一瞬の人生の中にあってさえ、この世の価値観は、学歴や財産がある人、
一流の会社や大学の、又は病院の先生だから云々(一流って基準は、
どなたが判断したのでしょうか?)

今も私達の耳元で囁く声に惑わされがちですが、イエス様は、
自分を低くする者が天の御国で一番偉い人だと、真の価値観を
教えて下さいました。

霊的には皆同じ人間に変わりありませんが、無意識にも、
こびりついてしまっている人の評価は、クリスチャンであっても、
自己流の価値観や差別感情、利害基準を内にひめて、
何々だから等と人を媚びへつらったり、この世の欲望が衝突していたりと、
心しなければと思わされています。

信仰は、神様の御前に悔い改めることであって、
いかに神様から遠く離れているかを知ることなのだと。
又頑なな信仰とは、神様のみ声を聴かなかったり、
罪を犯していることではなく、一見すると何気ない物事の内側で、
いつまでも罪を隠して良い人ぶっている事だと。

今まで学んできたメッセージを改めて聴き直しながら、
悔い改めるべき事柄ばかり示されました。


|Category:価値観|CM:(1)

忍耐

2008.04.27
† 私の魂は黙って、ただ神を待ち望む
 (詩篇)



15-kyuq.jpg


人生の意味を問い、目的を問うて、多くの答えが出されて来ました。
しかし、人はそのいずれにも満足しませんでした。
そして答えのないままに生きてきました。これからも同じことです。

これを不真面目と思ってはなりません。答えがないと言うことは、
答えがなくても、とにかく生きるのが人生だと言う事を示しているからです。

それは人生は答えで生きるのではなく、問いで生きるものであることを
教えているからです。人生にとって大切なことは、答えを得ることではありません。

不可解に耐えて、問い続ける忍耐であります。

         (灰色の断層 藤木 正三師)

|Category:メッセージ|CM:(0)

刈り取る時が来ます。

2008.04.26
† 善を行なうのに飽いてはいけません。
失望せずにいれば、時期が来て、
刈り取ることになります。
(ガラテヤ人への手紙 6・9)


 pmhusi125.jpg


お米でもお野菜でも果物でも、時が来ると必ず収穫する日がおとずれますが、
↑この御言葉に励まされます。収穫する日がおとずれるまでには、
時には何らかのトラブルが生じたり(台風や日照りによる干ばつ等、
予期せぬ事態が押し寄せてきたり)様々なハードルを超えなければ
ならないかと思います。

その様に、人生にあっても、予想だにしない色んな事態に遭遇するかも
知れませんが、神様(聖書)の御言葉を諦めないで、失望しないで、
期待しつつ待ち望むならば、神様からの祝福の時が必ず訪れる事を確信します。

|Category:希望|CM:(0)
CALENDAR

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

RECENT ENTRIES
LINKS
PROFILE

    るつ~♪

  Author:るつ~♪

 いたわり帳へお越し頂いて
 有難うございます~ ♥

 プロテスタントの教会に集う
 管理人のるつ~♪です。

 詳しいプロフィールは、
 当 HP に記させて頂いています。
  
 御言葉のエッセンスを浴びつつ、
 自身への自戒&励みを込めて、
 日々感じた事、示された事等、
 綴っていけたらと願っています。
 どうぞ宜しくお願い致します。

 御言葉は、日本聖書刊行会発行
 の新改訳聖書を引用させて頂いて
 います。


    ☆☆お知らせ☆☆


 申し訳ありませんが、諸事多用に
 就き、コメント欄を受け付けない
 設定にしています~m( )m

Mail Form

お名前:
メール:
件名:
本文:

クリスマス演奏会


(by パッヘルベルによろしく)

Translation(自動翻訳)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。