日毎の糧「いたわり帳byるつ~♪」

人知を越え言葉を越えて、日々の励みと自戒を込めつつ・・・☆

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渇きを覚える

2008.09.30
†私はキリストとともに十字架につけられました。
もはや私が生きているのではなく、
キリストが私のうちに生きておられるのです。
いま私が、この世に生きているのは、
私を愛し私のためにご自身をお捨てになった
神の御子を信じる信仰によっているのです。
(ガラテヤ人への手紙 2・20)

   namida1-3.jpg(by すずらんさん)

クリスチャン精神科医の工藤信夫先生のお名前を、
ご存知の方もおられると思いますが、「人を知り人を生かすより」
と言う著書に、

私たちのめざすべき信仰は、私たちが神によって何を与えられ、
何を得たかにあるのではなく、神というお方をいかに親しく知り、
いかなる交わりのうちにあるかというところにあるのではないでしょうか。


と、記されています。
また信仰生活は、渇きを深める努力にかかっていると、
藤木正三師はその著書に記されています。

身近な例えですが、喉の渇きがなければ水を求めない様に、
神様を親しく知って行くためには、魂に渇きがなければ
深く求められないように痛感します。

又、何もしないでじ~っとしていたら汗は出てきませんが、
体を動かすと全身の血流が良くなって、その結果、
健康に良いように、信仰生活もじ~っとしているだけならば、
渇きから来る様々な葛藤も起こらなくて、神様と自分との関係も、
状態は何も変化しないように思います。

信仰の血流をよくするためにも祈りつつ、
近隣(隣人)に、(友達でも、知り合いでも、
親族でも←親しい人ほど、逆に難しいこともあると
思いますが・・・^^ゞ)

少しずつでも伝道して行くと言う実践から、
神様と自分との関係が深まっていき、そこから、
学ばせて頂く事も、理解させて頂く事も多くあるように、
つくづく感じています。

神様からお知恵を頂きつつ、何気ない会話を試みたり、
絵画や音楽鑑賞を共にしたり、近くを共に散策したり、
メールしたり等、どんな事でも出来ますよね~?

(ついつい、じっとしていたい誘惑に同調しがちな自身を、
諌める毎日です。)
スポンサーサイト

|Category:信仰|

主と共に歩み続けること

2008.09.29
† こういうわけで、
弟子たちのうちの多くの者が離れ去って行き、
もはやイエスとともに歩かなかった。
そこで、イエスは十二弟子に言われた。
「まさか、あなたがたも
離れたいと思うのではないでしょう。」
(ヨハネの福音書 6・66~67)


45709_1222597936.jpg (by すずらんさん)


ご自分のブログや、サイトに関するコメント等が気になると言うような
趣旨のメールを、あるクリスチャンの方から頂いたことがありました。

ノンクリスチャンの頃は、当然真の神様を知らなかったものですから、
人が何を考えているかといった、人の思いや思惑等などを気にかける
者でしたが、神様と出会い、その日々を重ねるごとに、
神様の御心や、私へのご計画は何だろうかと言うことを
第一に考えられるようになりました。

勿論 、日々の生活がありますから、その日その時によっては、
何かと葛藤はありつつも、いつまでも引きずられることなく、
平安な日々を過ごせるように変えられました。

色んな人間的な思いが生じたときにも、ただ聖書の約束に
信頼して歩むことは、言うは安しで弱さが邪魔する時もありますが、
クリスチャンとして大切なのは、神様がどうお考えだろうか~?
と言う事を考える方に重点&視点を置けば、人の言葉や考えなどに、
気持ちが揺らぐ事はなくなって行くように思います。

神様を離れるとどこかがブレて、対象が人(神様でなく)に評価して
もらいたいと言う思いや、人気取りの様な思いが生じたり、
つまずきを招く結果をつくってしまったりと、無意識の内にも、
そんな場合が、なきにしもあらずではないかな~?と思います。

神様を離れての交友関係は、サイトやブログに限らず、
会社や近隣、子供達のお母さんたちとの人間関係などでも、
相手がノンクリスチャンの場合特に、世の物差しとの葛藤があると
思います。

主が共にいて下さると言う思いから離れると、又離れ去ってしまうと、
世の言葉などに傾むいてしまう程、悪しき力は強いように感じます。
気をつけなければ・・・と、私自身も言い聞かせています。

|Category:インマヌエル|

裸の命の復権

2008.09.28
†神の全能の力の働きによって
私たち信じる者に働く神のすぐれた力が
どのように偉大なものであるかを、
あなたがたが知ることができますように。
(エペソ人への手紙 1・19)


  45709_1222389191.gif (by すずらんさん)


私達は仕事や地位や財産で、また思想や
人生観や趣味などで自分を装うて生きています。

装いなしに生きられませんし、
装いを競い合って生きるのも命の自然な姿です。

しかしその命が与えられ、支えられ、
そして今夜のうちにも取り去られるものであることも
事実です。

そういう 言わば命の裸の姿を忘れてはならないのに、
私達はこの姿に、平素ほとんど無頓着なのです。

それで命は、それを気づかせようと働きかけてきます。

この裸の命自体の復権を求める働きこそ、
宗教と言われるものの本質です。
  (福音は届いていますか。 by 藤木 正三師)

|Category:メッセージ|

病者の祈り

2008.09.27
大事を成そうとして力を与えてほしいと神に求めたのに、
慎み深く従順であるようにと弱さを授かった。

より偉大なことができるようにと健康を求めたのに、
より良き事ができるようにと病弱を与えられた。

幸せになろうとして富を求めたのに、
賢明であるようにと貧困を授かった。

世の人々の賞賛を得ようとして権力を求めたのに、
神の前にひざまずくようにと弱さを授かった。

人生を享楽しようとあらゆるものを求めたのに、
あらゆることを喜べるようにと生命を授かった。

求めたものは一つとして与えられなかったが、
願いはすべて聞き届けられた。

神の意にそわぬものであるにもかかわらず、
心の中を言い表せない祈りはすべてかなえられた。


     45709_1222471504.jpg(by すずらんさん)


    私はあらゆる人の中でもっとも豊かに祝福されたのだ。

           ━━━━━※……※━━━━━
   
     (ニューヨークのリハビリテーションセンターの壁にある
       患者さんが書かれた詩だと言われています。
         私が励みと元気がいただける詩の一つです。)

特に、求めたものは一つとして与えられなかったが、
願いはすべて聞き届けられた。
神の意にそわぬものであるにもかかわらず、
心の中を言い表せない祈りはすべてかなえられた。

のフレーズは、私の内面を代弁していて下さっている様です。

|Category:インマヌエル|

実態・・・?

2008.09.26
†人を恐れるとわなにかかる。
しかし主に信頼する者は守られる。
(箴言 29・25)


   45709_1222389191.gif  (by すずらんさん)


礼拝を守ってイエス様を証しすることはおろか、
何の喜びも感じられなくて、時には義務感に陥る事もあると。

こんな気持ちになるのは私だけだろうか・・・と、
このような悩みの渦中におられる、ある方の話に耳を傾けつつ、
国と国、民族と民族、人と人の憎しみあいや人を人とも思わない
殺し合いが続く状況にあって、私自身も何かと常に葛藤があります。

↑の様な疑問は、決してその方だけの悩みではないと、
罪赦された罪人の実態であり、罪ある者の実像ではないかと、
自身の内面を探られては悔い改めに導かれるのです。

|Category:信仰|
CALENDAR

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

RECENT ENTRIES
LINKS
PROFILE

    るつ~♪

  Author:るつ~♪

 いたわり帳へお越し頂いて
 有難うございます~ ♥

 プロテスタントの教会に集う
 管理人のるつ~♪です。

 詳しいプロフィールは、
 当 HP に記させて頂いています。
  
 御言葉のエッセンスを浴びつつ、
 自身への自戒&励みを込めて、
 日々感じた事、示された事等、
 綴っていけたらと願っています。
 どうぞ宜しくお願い致します。

 御言葉は、日本聖書刊行会発行
 の新改訳聖書を引用させて頂いて
 います。


    ☆☆お知らせ☆☆


 申し訳ありませんが、諸事多用に
 就き、コメント欄を受け付けない
 設定にしています~m( )m

Mail Form

お名前:
メール:
件名:
本文:

クリスマス演奏会


(by パッヘルベルによろしく)

Translation(自動翻訳)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。