日毎の糧「いたわり帳byるつ~♪」

人知を越え言葉を越えて、日々の励みと自戒を込めつつ・・・☆

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦難の日のプロセス

2009.01.13
†人がもし、何かを知っていると思ったら、
その人はまだ知らなければならないほどのことも
知ってはいないのです。(Ⅰ コリント人への手紙 8・2)


夫婦問題に関して、夫婦の数だけ、そのスタイルがあると思いますし、
極めてプライベートな事柄ですから、夫の親族の中で、話を真剣に聞いて
下さる人は義姉(夫の長男嫁)だけですが、現在に至るプロセスと共に、
再生させて頂くまでの経験を(主が導いて下さった道)記述して置きたい
と思います。

義姉は、英語の塾をされていたり、とにかく多忙な人なので、
近くにいても、会ってゆっくり会話する時間に恵まれなくて、
その上、親と(←義父は他界)同居されているので、
私以上に、何かとご苦労がおありだと思われますが、
義兄が陰に回って労わられたり、夫婦の時間が合えば
外食したり、旅行したりと、その点では癒されておられる様子。

いろんな面で、バランスが大事だと常々思っていますが、
同じ兄弟でも、どうしてこんなに違うのかしら?と思うほどです。

恥も外聞もなく何度かレスっていますが、心底から夫と別れを
決意するに至ったのは、夫の言動が、妻の人格すらも否定する様な、
余りにも常識のレベルを超えたものだったのが、その発端でした。

夫は今迄からも、良いも悪いも我が道を行く人なのは分かっていても、
ほとほと何とかの緒が切れる寸前になった私は、義姉にだけは、
真実をお話しておきたいと、(多忙な義姉とは、メールで会話する
手段しかなくて、悩んだ末に、昨年何度かメールしたのですが、
その中(保存していたメール)の一部です。↓

  ♪*:.o..o.:*'♪'*:.o..o.:*'♪'*:.o..o.:*♪

こんばんは~☆まもなく12月。

今年もあっと言う間に過ぎ去ろうとしています。
加齢とともに、時の経過の早さに唖然状態の昨今です。

さて、私ごとき者の為に、いつもご迷惑をお掛けして
大変申し訳なく思っています。

         (中略・・・)

どんな場合であっても、私がさせて頂けるベストを尽くして、
夫と同じ目線に立てる様に努力を続けてまいりましたが、
しかし大変残念ながら、不本意この上なき事ですが、
夫とせめて夫婦の語らいが可能ならば、お義姉さんに、
ご迷惑をお掛けする事ではないのにと、残念この上もありません。

何分にも、コミュニケーション不全症候群なる彼に対して、
相手と過去は変えられないといわれますが、変える事が出来ると
したら、本人が自らを変えようという意識を持ってくれることを、
ひたすらに望み続けてまいりました。が、

今に至ってすらも、家庭に心も体もあらずの彼に対して、
日常会話は殆ど皆無で、頼みごとをしても馬耳東風と言うか無関心、
そのくせ妻の人格を否定するような言動は、彼が世の荒波の中で
切磋琢磨した経験がないと言う理由だけでなく、何か事が起こると、
自己逃避する癖?があると言う理由だけでもなく、子供の出来ない
女性と結婚した事へのある種の後悔みたいなものが、今頃になって、
じわじわと吹き出し再燃してきているとしたならば・・・。

私と言う一人の人間に対して、つくづくと自身をかんがみるに、
これから人生の最終章に向かって、私の人生とは~?結婚生活とは~?
私の事を、最期まで心配して逝った母に対する想い等など振り返った時、
私は一体、彼に対してどうすれば良いのでしょうか~?

     (長くなりますから、一部カットさせて頂きます。)

寝室も食事も別部屋で、典型的な家庭内別居状況の彼と、
これ以上同居?していても・・・ETC。様々な思いが去来する中で、
タイムリミットを今年中(昨年のこと)に何とかしたいと言う思いに
至りました。

現状のほんの一端ですが、せめてお義姉さんに、
お話を聞いて頂いてからにしようと、ご迷惑も顧みず、
長々とレスさせて頂きました。どうぞご寛容下さいませ。

趣意が前後しますが、そして矛盾した内容かとは思いますが、
夫婦って実に異なものだと、自分ながら今以って不可思議に
感じる事例ばかりですが、こんな状態でありつつも、山も谷も
ここまで過したのだから、再度、いや何度も何度もの繰り返しですが、
この人と一緒になろうとした原点を振り返ってみて、夫婦再生を、
今一度、惜しまずにトライしてみようかと思い直してみたり・・・。

私自身も、自分の思考回路がわかんなくなってしまっています。

少し冷静に(なっているつもりですが・・・)私の思いが感情的に
傾斜していないか否か、吟味してみたいと・・・。その様なわけで、
現時点の偽りのない心情を告白させて頂きました。

                (後略)

  ♪*:.o..o.:*'♪'*:.o..o.:*'♪'*:.o..o.:*♪

ほんの数ヶ月前には、この様な状況だったのですが、
主が共におられて、主が私に良いと思われる道に戻して下さり、
何事もなかったかの様に試練をも恵みの道具として、
何度も何度も同じ様な状態の中で、傲慢や不従順を、
徹底して悔い改めに導かれると言うことを痛感しきりです。

義姉は信仰を持たれてはいませんから、あからさまにクリスチャン用語?
等など、あえて書いていませんが、神様は、義姉の上にも豊かに働いて、
益としてくださる事を切に願い、義姉の事も含め、全てを祈りに変えさせて
いただく事が出来ました。主にハレルヤ~!!

380407_1231455537.gif(byすずらんさん)
スポンサーサイト

|Category:インマヌエル|

主は時に叶ったことを成して下さる。

2009.01.11
†私はキリストとともに十字架につけられました。
もはや私が生きているのではなく、
キリストが私のうちに生きておられるのです。
いま私が、この世に生きているのは、
私を愛し私のためにご自身をお捨てになった
神の御子を信じる信仰によっているのです。
(ガラテヤ人の手紙 2・20)


niji.jpg

各家庭が社会を構成しているんだと、あらためて再認識するこの頃、
必要な人としての核作りは、矢張り家庭が大事であると、
そこに気づかせて頂いた時点から(頭や観念からでなく)
余所見と言うか、四方八方に心が動揺せず、今はひたすら、
家庭の見直し作業に、方向性を見出している昨今です。

今更?今頃?ではなく、早い遅いの時間的範疇でなく、
私に示された真理は、私にとっては神様の時だったのではないかな?
と、それぞれ個々に、時に叶ったことを成して下さるんだと言う事を
新たにしています。

真理はあなた方を自由にします。との御言葉通リ、最近は夫の我侭さに
対しても、自己中に対しても、その瞬間は感情的には悲しくなったりは
しますが、その場で「主よ。神様を受け入れられない夫は、自分が何を
言っているのか知らないでいます。夫を憐れみ、その心を癒して下さい。」
と、心の中で祈りながら、ハイテンションにならなくて済むようになりました。

思い返せば昨年11月ごろには、真剣に別居を考えていた事が、
まるで他人事のようで、打てば響くように祈りにこたえて下さる主は、
このところであなたらしく生きていきなさい。と、お示し下さっているのだと、
神様の成して下さる御業に、心から従っていく信仰が起こされている事に、
感謝しつつ・・・。

PS~一月七日記の「断食の祈りを、せめて一週間は続行させて
頂けたらと敢えてレスしました。」と記しましたが、舌足らずだったので、
こちらに訂正させて頂きます~≦(._.)≧

実は一週間の断食でなく、三日の断食でした。

ただ初体験の人は、いきなり三日続けて断食するのが苦痛ならば、
一日ずつ間を空けて行うようにと、色々指導を受けていました。

私の場合は(一食すら断食できない人で、当然断食は初体験です。)
なので一日空けて行うつもりでしたが、お陰さまで三日続けて、
断食のお祈りをさせて頂くことが出来ました。(その間は飲み物だけです。)

|Category:インマヌエル|

主を待ち望む

2009.01.10
†まことに、
あなたを待ち望む者は
だれも恥を見ません。(詩篇 25・3)


 kota1.jpg


敬愛する某師が語られた事柄で、印象に残っている事を
色々思い起こしています。師曰く、例えば特別集会を例にとって
みますが、この特別集会に必要な人は、イエス様が連れて来てくださる。

主がお招きされる(導かれる)人は集会に来てくださるから、
師としては、導かれ示されたメッセージを一生懸命語らせて頂くだけです。
と、その様な事をおっしゃったことがありました。

ふと思い返した時、サイトでもブログでも然りだと、自分から見に来て下さい。
等とお誘いしたりしなくても、主が全てをご覧下さっているので、必要な方は、
例え私が知らない人であったとしても、知っている方であったとしても、
覗いて下さっているような気がします。(更新が途絶えて申し訳ありませんが。)

何を言いたかったのかな~?

そうそう、自分で思い煩ったり、アクセス数等など心配しなくても、
また神様に情報提供?しなくても、神様の成して下さることは狂いなく、
何でもご存知であると痛感するこのごろです。

詩篇に「わたしは黙ってただ主を待ち望む。」と、ありますが、
ただただノー天気に、日和見的に待っているのでなく、
不変で不動の主の真実の望みによってのみ、生きがいを覚える昨今。

好んでやっているのでなくても、日毎、お台所に缶詰状態と言うか、
販売用のお野菜の残り物の整理?(キャベツや白菜などの残り物や、
端くれは捨てないで、ギョーザや野菜入り肉団子用に細かく刻んで、
冷凍保存しておく)そんなことをマメに?作業していると、
あっと言う間に夕方になっちゃう日があったり・・・。

料理がニガテだったのに(今も好きとは言い切れませんが・・・。)
台所に篭るのが苦痛でなくなりつつある昨今を思いますと、
私の体験している事や内容は、微々たる小さな小さな事ばかりですが、
こうした事を思うにつけても、神様は全てをお見通しで、次第に次第に、
喜びと思えるように変えられていく事柄を、必要に応じて備えていて
下さるんだと、台所に篭りつつ色々考え巡らせています。

|Category:感謝|

今あるはただ・・・☆

2009.01.08
† あなたが私の内臓を造り、
母の胎のうちで私を組み立てられたからです。
私は感謝します。

あなたは私に、奇しいことをなさって恐ろしいほどです。
私のたましいは、それをよく知っています。

私がひそかに造られ、地の深い所で仕組まれたとき、
私の骨組みはあなたに隠れてはいませんでした。

あなたの目は胎児の私を見られ、
あなたの書物にすべてが、書きしるされました。
(詩篇)



   03lucy.gif

藤木 正三師の「福音は届いていますか。」の著書の一節に、
欠点のない人はいません。そして容易に直らないのが欠点です。

直らないからと言って、自分を責めても人を責めても疲れるだけです。
と記述されていますが、「アーメンです。」と、痛感しきりの昨今です。

何もしてくれない相手(夫)を責めつつ、責めている自分が情けなくなって、
自らを責め続けていた私ですが、私がどこから救われたのか、
救われる以前の私はどういう人だったのか、今あるのはただただ、
主の恵みに尽きると、心から痛感する事ばかりです。

新年早々の備忘録?

2009.01.07
† 主を恐れる者たちよ。主に信頼せよ。
この方こそ、彼らの助け、また盾である。
主はわれらを御心に留められた。
主は祝福してくださる。
イスラエルの家を祝福し、アロンの家を祝福し、
主を恐れる者を祝福してくださる。
小さな者も、大いなる者も。
(詩篇 115・11~13)


   380407_1230985727.jpg (by すずらんさん)


加齢と共に一層健忘症が著しくて、2009年早々はどんな日暮しだったかな?
と、来年?になって思い出したい時用に?レスっておきたいと思います。

一月三日までの事はレスしていますが、四日は今年初めての礼拝に・・・。

午後は、来客のあった親戚の方が帰られたと言う事で、
お年始にこられて対応。結構午後の時間が潰れました。

五日は、夫の妹さんが年始に来られ、午後は腐らないうちにと、
ミカンのジュース作り・・・。六日こそは、ブログやメールのご返事を
しなければと思いきや、販売用の切干大根作り・・・。

これは夫の要請なので、(今迄ならば、明日にするとか何とか言って?
PCを先にと言う事がありましたが、今は夫の言うこと全て~!?に、
はい。はい。って感じで、加齢?(華麗?)に、へんしーーーんデス。
(マジですが、信仰で捉えられる様にならせて頂きました。)

そんなこんなで、あっと言う間に、新年も七日が経過しょうとしています。

今年も多用続きになりそうですが、昨年来より、神様と私との関係の中
で示されたことは、忠実であり続けたいと、今週から断食の御祈りも
始めました。

断食の祈りは、人様に公表するものではないと思いますが、
こうしてレスったことによって、自我が顔を出しませんように、
自己に死ぬ事が出来るように、また深い感動と共に、
神様の愛を更に心底から確信し、夫の救いは勿論ですが、
親族の救いを、今迄以上に真剣に祈り続けていきたいと願って、
せめて一週間は、続行させて頂けたらと敢えてレスしました。

有言不実行になりそうな時は、何卒叱咤激励のほど宜しくお願い致します。

|Category:インマヌエル|
CALENDAR

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

RECENT ENTRIES
LINKS
PROFILE

    るつ~♪

  Author:るつ~♪

 いたわり帳へお越し頂いて
 有難うございます~ ♥

 プロテスタントの教会に集う
 管理人のるつ~♪です。

 詳しいプロフィールは、
 当 HP に記させて頂いています。
  
 御言葉のエッセンスを浴びつつ、
 自身への自戒&励みを込めて、
 日々感じた事、示された事等、
 綴っていけたらと願っています。
 どうぞ宜しくお願い致します。

 御言葉は、日本聖書刊行会発行
 の新改訳聖書を引用させて頂いて
 います。


    ☆☆お知らせ☆☆


 申し訳ありませんが、諸事多用に
 就き、コメント欄を受け付けない
 設定にしています~m( )m

Mail Form

お名前:
メール:
件名:
本文:

クリスマス演奏会


(by パッヘルベルによろしく)

Translation(自動翻訳)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。