日毎の糧「いたわり帳byるつ~♪」

人知を越え言葉を越えて、日々の励みと自戒を込めつつ・・・☆

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肯定的な祈り

2009.06.30
†これこそ悩みのときの私の慰め。 
まことに、みことばは私を生かします。
(詩篇119・50)



  380407_1246312556.jpg (イラスト by すずらんさん)


29日の追記になりますが、自分の都合のために、相手を変えようとする
祈りや、神様を自分の為に使おうとする祈り等は、異邦人の祈りだと。

イエス様の御名を通して祈っても、↑の様な祈りには答えられないと、
メッセージで伺っていますが、盲人の様に、赦しに基づく肯定的な祈りが
大事だと、祈りに関して、あらためて色々再認識しています。
スポンサーサイト

|Category:信仰|

主よ。私をあわれんでください。

2009.06.29
†「ダビデの子のイエスさま。
私をあわれんでください。」
(ルカによる福音書  18・38)


 380407_1246401833.gif (イラスト by すずらんさん)

   「ダビデの子のイエスさま。
   私をあわれんでください。」


↑の御言葉は、イエス様がエリコに近づかれた時、多くの群衆が通って行く
物音を、ある盲人が物乞いをしながら、耳では聞こえていますが、
目が見えませんから様子が分からなくて、これは何事ですか?と、尋ねました。

ナザレのイエス様がお通りになるのだと知ると、盲人は大声で、
「ダビデの子のイエスさま。私をあわれんでください。」と・・・。

続いて、盲人を黙らせようとして、先頭にいた人々(弟子達)が、
たしなめた様子が記されていますが、盲人はひるまずに、
ますます「ダビデの子よ。私をあわれんでください。」と・・・。

盲人の必死の叫び、状況が手に取るように伝わってきます。

イエス様は旅の途中であるにもかかわらず、盲人の叫びに足を止められました。

群衆の中には、イエス様に癒してもらい人や、助けてもらいたい人など、
他にも沢山おられたと思いますが、この盲人の叫びが、何故イエス様の
心に届いたかと言う事ですが、この盲人は「私をあわれんでください!」と、
叫び続けたとあります。

神様は、心からあわれみを求める人達を、そのまま知らぬ振りを
なさらないと言う事。それと同時に大事なことは、「この方は、
自分を癒してくださるお方である。」と、絶対的な信頼を寄せて、
「ダビデの子のイエス様」と叫び続けた事だと・・・。

絶対的な信頼感と、どうしても癒してもらいたいと言う必死の願いがなければ、
イエス様の先頭にいた人々がたしなめた時点で、諦めてしまうかもしれません。

イエス様は「わたしに何がしてほしいのか。」と、訊ねられます。

盲人は即座に「目が見えることです。」と、明確なお願いをしています。

「何故、わたしは目が見えないのでしょうか?」「何故、こんな障害を
持たなければならないのですか?不自由でたまりません。」等など
一切口にしていません。盲人の願いは、恨みごとや愚痴の類でなく、
また他人や状況を変えることでもなく、先ず自分を変えてもらうことだった。

何があっても諦めないで、「目が見えることです。」と、明確な願い(祈り)を
した盲人から、ひとえにイエス様を信頼する信仰を、新たに学ばされる昨今。

|Category:信仰|

神の国とその義を第一に・・・☆

2009.06.28
†志の堅固な者を、
あなたは全き平安のうちに守られます。
その人があなたに信頼しているからです。
(イザヤ書 26・3)



pla6_img03.gif

様々な現実に直面するたびごとに、
心に留まっているイエス様の御言葉の中の、
マルタさんに語られた「必要なものはただひとつ」の御言葉。

ただ一つと言う言葉&意味合いは、あまりにも根源的なので、
イエス様に、もっともっと詳しくお聴きしたい気持ちにかられる時も
ありますが、でも聖書の御言葉通り、必要なものはただ一つ・・・。

私達は壊れやすい弱い者ゆえに、必要なものの壁が高く、
あれもこれも、主に期待した通リになって欲しい事ばかりですが、
結局のところは、神の国とその義を第一にと言う事なんですね~!

|Category:信仰|

平安のうちに守られる主

2009.06.27
†生まれながらの人間は、
神の御霊に関することを受け入れません。
それらは彼には愚かなことだからです。
また、それを悟ることが出来ません。
なぜなら、御霊のことは御霊によって
わきまえるものだからです。
(Ⅰコリント人への手紙 2・14)



380407_1246138591.gif(イラスト by すずらんさん)


神様が、沈黙という応答をされ続けておられたり、自分の思いや願いと、
神様のご計画と言うか、ご意志が違う場合や、困難な方に風向きを
変えられてしまったり・・・。

完全に自我を明け渡し、神様のご意志に頼ることこそ、祝福の源であると、
何度も伺っていることですが、神様のご意志に従うって言うは容易い事ですが、
期限がわかっていれば歯を食いしばってでも、我慢も忍耐も出来ると思いますが、
期限がわからないために、えっ~?どうしてまた~?と、時として匙を投げ出して
しまいたくなる様な弱い者です。

本当の試練とは、如何なることが起きても、自分の経験や考え、
思い等などを優先するのでなく、神様を信頼するかどうかと言う事、
御言葉こそが、私達にとって唯一の源だと言う事を選び取ることが
出来るか否か、神様を信頼する立場をとるかどうかではないかな?と、
思わされます。

主に思いをとどめる者を、主は全き平安のうちに守られると、
イザヤ書にありますが、匙を投げ出してしまいたくなる様な
者にも、主の憐れみの中で守られているって事を覚える時、
行き着くところ、クリスチャンでよかった~!と・・・。

|Category:信仰|

誘惑

2009.06.26
† 天にまします我らの父よ。
願わくは御名をあがめさせたまえ。
御国を来たらせたまえ。

みこころの天になるごとく、地にもなさせたまえ。
我らの日用の糧を今日も与えたまえ。

我らに罪を犯すものを我らが赦すごとく、
我らの罪をも赦したまえ。

我らを試みに会わせず、
悪より救いだしたまえ。

国と力と栄えとは、
限りなく汝のものなればなり。
アーメン。


   380407_1245966576.jpg(イラスト by すずらんさん)


母教会の姉妹ですら、時間のすれ違いやその他あって、
なかなかユックリお話すら出来ないのが現状なのに、
他教会のM姉妹とのお祈りと、聖書の学びが続いています。

姉妹の家庭は、ご主人も息子さんもクリスチャンで、私とは違うところが
多だありますが、M姉妹との出会いもですが、こうして学びが続いている
事も、神様の恵みの他に考えられない事です。

神様は、それぞれに必要な人を備えて下さると言う事を、いつも痛感します。
必要な人の中には、自分にとって大変な人?もおられるかもしれないけれど、
何故その人が必要だったのかと言う事は、後に納得できる日が来ると思います。

試練と誘惑の違いに関しての学びから、試練は耐え忍びなさいと、
記されていますが、誘惑に会う時はそれに耐えなさいと、
聖書には記述されていません。誘惑からは遠ざかりなさいと・・・。

ヨセフが、ご主人の奥さんから誘惑を受けたとき、外に逃れ出た事が
記されていますが、サタンの誘惑は巧妙で、サタンすら聖書の御言葉を
使って来ますから、「誘惑に会わせないでください。」と、主の祈りでも
教えられているように、神様から引き離す事が大目的の悪霊を、
近づけないでください。と、姉妹と祈りあって次回の学びを約束しました。

|Category:感謝|
CALENDAR

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

RECENT ENTRIES
LINKS
PROFILE

    るつ~♪

  Author:るつ~♪

 いたわり帳へお越し頂いて
 有難うございます~ ♥

 プロテスタントの教会に集う
 管理人のるつ~♪です。

 詳しいプロフィールは、
 当 HP に記させて頂いています。
  
 御言葉のエッセンスを浴びつつ、
 自身への自戒&励みを込めて、
 日々感じた事、示された事等、
 綴っていけたらと願っています。
 どうぞ宜しくお願い致します。

 御言葉は、日本聖書刊行会発行
 の新改訳聖書を引用させて頂いて
 います。


    ☆☆お知らせ☆☆


 申し訳ありませんが、諸事多用に
 就き、コメント欄を受け付けない
 設定にしています~m( )m

Mail Form

お名前:
メール:
件名:
本文:

クリスマス演奏会


(by パッヘルベルによろしく)

Translation(自動翻訳)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。