日毎の糧「いたわり帳byるつ~♪」

人知を越え言葉を越えて、日々の励みと自戒を込めつつ・・・☆

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全てに神様の時が・・・☆

2009.09.30
† 天の下では、
何事にも定まった時期があり、すべての営みには時がある。

生まれるのに時があり、死ぬのに時がある。

植えるのに時があり、植えた物を引き抜くのに時がある。

殺すのに時があり、いやすのに時がある。

くずすのに時があり、建てるのに時がある。

泣くのに時があり、ほほえむのに時がある。

黙っているのに時があり、話をするのに時がある。

愛するのに時があり、憎むのに時がある。

戦うのに時があり、和睦(わぼく)するのに時がある。
(伝道者の書3・1~8)


12-ar.jpg


あらためて、全てに神様の時がある事を再認識。

神様の時が待てなくて、自分の時を作ろうとしてしまう傲慢さ・・・。

傲慢さも何もかも、全てをご存知の神様、
新たに犯し続ける私の罪をお許し下さいませ。アーメン。
スポンサーサイト

|Category:信仰|

神様側の必然性

2009.09.29
†昔書かれたものは、
すべて私たちを教えるために書かれたのです。
それは、聖書の与える忍耐と励ましによって、
希望を持たせるためなのです。
(ローマ人への手紙 15・4)

380407_1251835422.gif (イラストbyすずらんさん)


好まずとも、人生にあっては、大なり小なりの試練に遭いつつ、
その葛藤の渦中にあって、孤独の中で成長していくものだと
思いますが、学生時代頃までは、両親をはじめ、誰かしらの
庇護のもとにあって、たとえ学校で嫌な事があっても、
母がむかえてくれる笑顔を見た途端、我が家にたどり着くまで
浮かんでいた嫌な事柄が、一度に払拭された経験があります。

が、次第に、一人で向き合わなければならない問題と戦わなければ
ならなくなって来ますよね。私が自ら選んで来たかの様に思う事柄で
あっても、今にして思う事ばかりですが、その全てが、神様が導かれた
事ばかり、神様が赦された中で、生じたことばかりであったと言う事です。

その中にあっては、喜ばしいことばかりでなく、挫折感を何度も味わったり、
渇いた魂を負って、道にさ迷い続けていた事さえも、神様側にとって、
必然とされた事で、私に必要な道ばかりだったと言う事。

今以って、荒れ野を通らされていますが、素直になれない私に対する、
神様の必然の為であることを、涙の出るほど分かっているのですが、
神様、こんな私を憐れんで下さい。助けて下さい。主の御名によって、
切なる祈りを御前にお捧げします。アーメン。

|Category:信仰|

相違点・・・☆

2009.09.28
† 心を尽くして主に拠り頼め。
自分の悟りにたよるな。
あなたの行く所どこにおいても、主を認めよ。
そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。
(箴言 3・5~6)



    380407_1252184618.gif (イラストbyすずらんさん)


クリスチャンとノンクリスチャンと言う名目上の壁や、
枠等に一切関係なく、ただただ人が好きな私は、
極めてフレンドリーに、誰人ともフランクにお交わりする人ですが、
ここの所、相棒さん(ノンクリスチャン)に感じる相違(相棒さんの場合は、
特にその度合いが強すぎて、生活を一緒にしている者としては、
価値観という大きな壁にぶつかってばかり。様々な壁を乗り越えて
行くのは、人の力や知恵、頑張り等では至難の業です。)

ここの所、ノンクリスチャンの相棒さんに感じる同じ様な壁に、
ノンクリスチャンの友達に感じることが多くあって、トーンダウン気味。

クリスチャンであっても、ノンクリスチャンであっても、神様が造られた
人であって、クリスチャンだから品行方正だとか、素晴らしい?とか、
その様な事は一切ないけれど、クリスチャンになって、自分が弱くて
足りない者であることを知れば知るほど、低くさせられます。

敢えて、クリスチャンとノンクリスチャンの相違点をあげさせて頂くならば、
主・イエス様を、自分の救い主として、心の中に受け入れているか否かが
先ず大きな相違点で、ノンクリスチャンの場合は、罪なる問題意識が
ないと言うところではないかな?と、私は思っています。
(罪に関して、わかんないのは当然だとは思いますが・・・。)

なので、クリスチャンにとって、イエス様が唯一であるのに対して、
ノンクリスチャンにとっての絶対者は、自分自身、または、物質的な
ものも含め、自分が追い求めるものが一番だと言う事も相違点だと。

決してノンクリスチャンが悪いと言うのでなく、かつてその様な価値観の
中に存在していた私が、神様との出会いによって、正に目から鱗、
180度変えて頂いてから、神様と出会う以前の私の方が、
世俗の価値観の中で、色んな面で不自由だった事が、今にして思えば、
鮮明に分かります。

|Category:感謝|

盲点

2009.09.27
†たかぶりは、ただ争いを生じ、
知恵は勧告を聞く者とともにある。
(箴言 13・10)



  380407_1254081345.jpg(イラストbyすずらんさん)


盲点の一つに、自分の問題は自分がよく知っている。と、
往々にして決めかかっている場合がありますが、
自分の推定していることは、正しいと信じこませ様としたり、
嘘を信じ込ませたりする働きはサタンによると・・・。

無意識にも、うっかり策略に乗っている(乗らされている)自分にすら
気づけないときがあると言う事を、あらためて心していなければ・・・。

|Category:信仰|

自分の弱さを誇ります。

2009.09.26
信仰を赦されたキリスト者であったとしても、
神様の御言葉を守ることの出来ない弱さを一杯抱えています。

特に私は、まるでそれを自慢するかの様に聞こえそうで何ですが、
本当に弱さ一杯です。神様は私達一人一人、全ての者に目的をもって
造って下さいましたから、私達は、生きている理由があるのだと・・・。

なので、この様な私の弱さや罪深さをよく知っていて下さり、
私(たち)のために、罪が赦される道を絶えず備えてくださっている。
と、ある尊敬する師より、メッセージで伺った事がありますが・・・↓


† もしどうしても誇る必要があるなら、
私は自分の弱さを誇ります。
(Ⅱ コリント人への手紙 11・30)


   12-pl.jpg


パウロの祈りに合わせて、こころからアーメンです。

|Category:信仰|
CALENDAR

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

RECENT ENTRIES
LINKS
PROFILE

    るつ~♪

  Author:るつ~♪

 いたわり帳へお越し頂いて
 有難うございます~ ♥

 プロテスタントの教会に集う
 管理人のるつ~♪です。

 詳しいプロフィールは、
 当 HP に記させて頂いています。
  
 御言葉のエッセンスを浴びつつ、
 自身への自戒&励みを込めて、
 日々感じた事、示された事等、
 綴っていけたらと願っています。
 どうぞ宜しくお願い致します。

 御言葉は、日本聖書刊行会発行
 の新改訳聖書を引用させて頂いて
 います。


    ☆☆お知らせ☆☆


 申し訳ありませんが、諸事多用に
 就き、コメント欄を受け付けない
 設定にしています~m( )m

Mail Form

お名前:
メール:
件名:
本文:

クリスマス演奏会


(by パッヘルベルによろしく)

Translation(自動翻訳)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。