日毎の糧「いたわり帳byるつ~♪」

人知を越え言葉を越えて、日々の励みと自戒を込めつつ・・・☆

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由

2007.09.25

もしあなたがたが、
わたしのことばにとどまるなら、
あなたがたはほんとうにわたしの弟子です。
そして、あなたがたは真理を知り、
真理はあなたがたを自由にします。
(ヨハネの福音書 8・31~32)



45709_1190593842.jpg (by すずらんさん)


経済学者&文筆家の小泉信三氏(明治21年生)の著書に、
嫉妬には共通した本質がある。すなわち自分の権利を奪われ、
傷つけられたわけでもなく、また必ずしも困窮、欠乏しているわけでもない。
それなのに、ただ他人が気になっていつも心が乱されるのだ。

二人そろっておいしいものを食べられれば、これを幸福と感じる。
食物がなくて、ふたりとも食べられない場合にも、それ程心は痛まない。

しかし彼が食べていて自分が食べられないことになると、嫉妬の念が生ずる。
半分分けてもらいたいと思う。それがかなわなければ、相手の食物を投げ捨て、
二人とも食べられないようにして、はじめて鬱憤が晴れる。
嫉妬は恐ろしいものだ。と、記述してありました。

正にそうだと思います。
人間にとって、嫉妬と傲慢程、厄介なものはないと痛感します。

殻を破らなければ、卵はいつまでもその殻のままで、殻を出なければ
新しい生活を得る事ができないように、(自由を得ることが出来ない)

信仰の人生を歩むためにマニュアル的に?知っていたとしても、
自分の様々な思いの枠から脱出しなければ、真の神様の豊かな愛を
体験できないように思います。

本当に、神様が活きて働いていて下さるという主の臨在に触れたらば、
負の部分も含め色んな事が、さほど気にならなくなりますよねっ!

|Category:未分類|CM:(0)

          ★~Commentをどうぞ~★

    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Comment form

←チェックを入れると管理人にコメントが届きますが、
    BLOGには表示されません。

CALENDAR

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

RECENT ENTRIES
LINKS
PROFILE

    るつ~♪

  Author:るつ~♪

 いたわり帳へお越し頂いて
 有難うございます~ ♥

 プロテスタントの教会に集う
 管理人のるつ~♪です。

 詳しいプロフィールは、
 当 HP に記させて頂いています。
  
 御言葉のエッセンスを浴びつつ、
 自身への自戒&励みを込めて、
 日々感じた事、示された事等、
 綴っていけたらと願っています。
 どうぞ宜しくお願い致します。

 御言葉は、日本聖書刊行会発行
 の新改訳聖書を引用させて頂いて
 います。


    ☆☆お知らせ☆☆


 申し訳ありませんが、諸事多用に
 就き、コメント欄を受け付けない
 設定にしています~m( )m

Mail Form

お名前:
メール:
件名:
本文:

クリスマス演奏会


(by パッヘルベルによろしく)

Translation(自動翻訳)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。