日毎の糧「いたわり帳byるつ~♪」

人知を越え言葉を越えて、日々の励みと自戒を込めつつ・・・☆

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンプルでなければ・・・☆

2007.10.02

神が私たちに与えてくださったものは、
おくびょうの霊ではなく、力と愛と慎みとの霊です。
(Ⅱテモテへの手紙 1・7)


45709_1191365983.gif
     (by すずらんさん)

わたしが今あるのは、神様からの一方的な恵みと憐れみの他の
何物でもないと言う思いで一杯ですが、この思いに至るまでには、
信仰の葛藤がありました。

今も時折、イエス様から遠ざけようとする、背後で働く悪しき輩の、
訳の分からぬ思い?感情?が去来することがありますが、
日々の祈りの中で、間違いであった事を正して下さるお方がおられる事は、
神様を知らなかった時と大きな違いだと言う、否めない事実が存在します。

時を過している日々にあって、現実に様々な事柄が生じますが、
イエス様ご自身が約束して下さっている御言葉、↓

神の国と神の義をまず第一に求めなさい。 続いて、
そうすれば、それに加えてこれらのものはすべて与えられます。

と記されていますが、本当に意義深い御言葉であると、痛感しきりです。

私も経験して分かりますが、色々なことが一度に重なると、
どうしても現実に目が行き、思い煩う弱さを持っています。

知恵が多くなれば悩みも多くなり、知識を増す者は悲しみを増す。と、
伝道者の書にありますが、自分の思いが神様の御心より大きくなっちゃうと、
ああでもない、こうでもないと、悩みを大きくしてしまう様に思います。

如何なる人知を持って考えたとしても、物事が解決するどころか、
益々自分の思いが大きく出てしまって、イエス様が大丈夫だと
お語り下さっている御言葉が、心の耳にまで届きません。

イエス様は、神の国と神の義をまず第一に求めたらば、それに加えて
これらのものはすべて与えられますと、明言していて下さいます。
神の国と神の義をまず第一に求めるとは、具体的にどう言う事なのか、
祈りの時、神様に何度かお訊ねしたことがありました。

一人の人の救いは、天の御国の大きな喜びである事を御言葉で示され、
夫に対して、どんなに感情的な面があったとしても、先ず夫が神様に
近づいてくれる事&神の国と神の義をほんの微量でも知ってくれる所に
近づいてくれるように祈り続けていくようにと・・・。

夫の親に対しても、(勿論私側の身内もですし、全ての人の救いも含め)
如何なる感情的なズレがあったとしても、神様を知らない人達とのズレは、
例え親と言えど、親族と言えど、親友と言えど、当然あるのは否めません。

必ずしも御言葉に従順にお従い出来ない者をも、神様はじい~っと
耐え忍んで待っていて下さる事を思いますと、知識や知恵の信仰でなく、
幼子のような信仰を、主は願っておられると言う御言葉が迫ってきます。

|Category:未分類|CM:(0)

          ★~Commentをどうぞ~★

    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Comment form

←チェックを入れると管理人にコメントが届きますが、
    BLOGには表示されません。

CALENDAR

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

RECENT ENTRIES
LINKS
PROFILE

    るつ~♪

  Author:るつ~♪

 いたわり帳へお越し頂いて
 有難うございます~ ♥

 プロテスタントの教会に集う
 管理人のるつ~♪です。

 詳しいプロフィールは、
 当 HP に記させて頂いています。
  
 御言葉のエッセンスを浴びつつ、
 自身への自戒&励みを込めて、
 日々感じた事、示された事等、
 綴っていけたらと願っています。
 どうぞ宜しくお願い致します。

 御言葉は、日本聖書刊行会発行
 の新改訳聖書を引用させて頂いて
 います。


    ☆☆お知らせ☆☆


 申し訳ありませんが、諸事多用に
 就き、コメント欄を受け付けない
 設定にしています~m( )m

Mail Form

お名前:
メール:
件名:
本文:

クリスマス演奏会


(by パッヘルベルによろしく)

Translation(自動翻訳)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。