日毎の糧「いたわり帳byるつ~♪」

人知を越え言葉を越えて、日々の励みと自戒を込めつつ・・・☆

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悩みを通して・・・☆

2009.08.01
† まことに、あなたがたに告げます。
天地が滅びうせない限り、
律法の中の一点一画でも
決してすたれることはありません。
全部が成就されます。
(マタイの福音書  5・18)



380407_1249256185.jpg(イラスト by すずらんさん)


三浦綾子さんの著書・言葉の花束の中に、
「私は長い闘病の間、この世に病気がなければ良いと思った。
自分の人生に、こんなに病みつづける日が来ようとは・・と、
嘆いたこともあった。だが、今となっては、自分の人生をふり返ってみるのに、
その受けた試練は、宝石のようなものだと感じている。

もしも今まで、ただの一度も試練に遭わず、つまり愛する人との死別にも
遭わず、病むことを知らず、思いのままになる人生であったとしたら、
私は涙というものを知らない人間になったであろう。」と・・・。

三浦綾子さんは、脊椎カリエス、心臓発作、結核、帯状疱疹、直腸癌、
パーキンソン病等など、これでもかこれでもか・・・と、度重なる病魔(大病)
を、経験されました。

信仰に根ざした多くの著書は、苦しみを体験した人ならではの気遣いが
込められていて、こんなにも多くの病気と闘い乍ら、その受けた試練は、
宝石のようなものだと感じている。と言わしめるものは何か?と・・・。

きっとその渦中にあっては、嘆きの日々を重ねられたと推測させて頂くの
ですが、神様の生きた働きがなされ、神様の愛の業(わざ)を担う者とされ、
苦しみの壁を破られたからこそ(解放)、受けた試練は、宝石のようなものだと
感じている。と、言える人に変えられたのだと・・・。

三浦綾子さんの様な信仰を保ち続けられるには、まだまだ程遠い者
ですが、この様なクリスチャンでありたいと、あらためて思わされます。

|Category:感謝|
CALENDAR

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

RECENT ENTRIES
LINKS
PROFILE

    るつ~♪

  Author:るつ~♪

 いたわり帳へお越し頂いて
 有難うございます~ ♥

 プロテスタントの教会に集う
 管理人のるつ~♪です。

 詳しいプロフィールは、
 当 HP に記させて頂いています。
  
 御言葉のエッセンスを浴びつつ、
 自身への自戒&励みを込めて、
 日々感じた事、示された事等、
 綴っていけたらと願っています。
 どうぞ宜しくお願い致します。

 御言葉は、日本聖書刊行会発行
 の新改訳聖書を引用させて頂いて
 います。


    ☆☆お知らせ☆☆


 申し訳ありませんが、諸事多用に
 就き、コメント欄を受け付けない
 設定にしています~m( )m

Mail Form

お名前:
メール:
件名:
本文:

クリスマス演奏会


(by パッヘルベルによろしく)

Translation(自動翻訳)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。