日毎の糧「いたわり帳byるつ~♪」

人知を越え言葉を越えて、日々の励みと自戒を込めつつ・・・☆

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主にたずねる。

2009.10.21
† きょう、
私が命じておいた主のおきてと命令とを守りなさい。
あなたも、あなたの後の子孫も、しあわせになり、
あなたの神、主が永久にあなたに与えようとしておられる地で、
あなたが長く生き続けるためである。
(申命記 4・40)



  p-green12.jpg


私の家の至近距離に、小さなお友達(子供)が住んでいます。

数日前、この子達(小学一年生のHちゃんと、幼稚園児のNちゃん姉妹)が、
半べそをかきながら「おばちゃ~ん、いますか?」ピンポン。ピンポン。

何か心細そうな二人の態度に、私は「どうしたの~?」

「あのね、お母さんと図書館で待ち合わせしたのだけど、
お母さんは用事してから車で行くから、先に図書館で
待っていなさい。」との事。

なのに、待ってもまだお母さんが来なくて、家に帰ったら、
鍵がかかっていて入れないから、お母さんに連絡したいので、
電話を貸してとの事。

「うん、良いわよ。でもお母さんの携帯番号知っているの?」

流石に携帯番号まで記憶していなくて、家に電話をかける
つもりだったらしい。お母さんも心配していると思うから、
車で図書館に連れて行ってあげることにした。

案の定、子供達のことを心配して捜しているところで、
私の車とすれ違って一安心。後でわかった事だけど、
子供達と待ち合わせをしたのは、この時が初めてで、
何かあったら私のところに行きなさい。とは、今までから
一度も言っていないらしいのに、おばちゃん(私)のところに行けば、
助けて?もらえる。と言う発想が、とっさに浮かんだとの事。

世の人でなく、この方(イエス様)のところに行けば、助けてもらえる。
と言う信仰生活を、あらためて子供達から学ばされたのでした。

|Category:信仰|
CALENDAR

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

RECENT ENTRIES
LINKS
PROFILE

    るつ~♪

  Author:るつ~♪

 いたわり帳へお越し頂いて
 有難うございます~ ♥

 プロテスタントの教会に集う
 管理人のるつ~♪です。

 詳しいプロフィールは、
 当 HP に記させて頂いています。
  
 御言葉のエッセンスを浴びつつ、
 自身への自戒&励みを込めて、
 日々感じた事、示された事等、
 綴っていけたらと願っています。
 どうぞ宜しくお願い致します。

 御言葉は、日本聖書刊行会発行
 の新改訳聖書を引用させて頂いて
 います。


    ☆☆お知らせ☆☆


 申し訳ありませんが、諸事多用に
 就き、コメント欄を受け付けない
 設定にしています~m( )m

Mail Form

お名前:
メール:
件名:
本文:

クリスマス演奏会


(by パッヘルベルによろしく)

Translation(自動翻訳)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。