日毎の糧「いたわり帳byるつ~♪」

人知を越え言葉を越えて、日々の励みと自戒を込めつつ・・・☆

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弱さのうちに・・・☆

2009.11.17
† なぜなら、
私が弱いときにこそ、私は強いからです。
(Ⅱコリント人への手紙)


    380407_1258675192.jpg(イラストbyすずらんさん)


既に天に召された、母教会の先輩姉妹の在りし日の信仰の姿を
思い出すときがあります。私だったら落ち込んでしまって、
ネガティブな思いで満タンになってしまいそうな幾多の場面で、

明治生まれの姉妹は、戦前・戦中、そして人々の心も生活も
荒廃した戦後と、私達には想像も出来ないような苦しみ、侮辱、
迫害、病気、試練・・・等など、様々な困難を経てこられた人でした。

全てを神様のみに望みを置かれた信仰の強靭さを、
そこかしこから学ばされていましたが、改めて、
「弱さこそ恵み」だと痛感しています。

人生の信仰の大先輩なのに、相手に対する心遣いは勿論、
決して出しゃばる事なく、弱さの中の真の強さだと思いますが、
人の痛みとか弱さに対しても、実に優しい姉妹でした。

良き信仰の先駆者であるパウロ自身も、聖書の中で、
「私は、高ぶることのないようにと、肉体に一つのとげを与えられました。
それは私が高ぶることのないように、私を打つために、サタンの使いです。

このことについては、これを私から取り去らせてくださるようにと、
三度も主に願いました。しかし、主は「わたしの恵みは、
あなたに十分である。というのは、わたしの力は、
弱さのうちに完全に現われるからである。」
と言われたのです。

ですから、私はキリストの力が私をおおうために、
むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。
ですから、私は、キリストのために、
弱さ、侮辱、苦痛、迫害、困難に甘んじています。
なぜなら、私が弱いときにこそ、私は強いからです。」 

わたしが弱い時にこそ強い。と言う逆説の真理のポイントは、
「イエス様にあって」ということが大切なのですね。
わたしの弱さは、主にあって強くされますと・・・。

何ごとかあるたびに、パウロの言葉が心に迫って来て、
とても励まされます。つくづく痛感しきりです。

|Category:信仰|
CALENDAR

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RECENT ENTRIES
LINKS
PROFILE

    るつ~♪

  Author:るつ~♪

 いたわり帳へお越し頂いて
 有難うございます~ ♥

 プロテスタントの教会に集う
 管理人のるつ~♪です。

 詳しいプロフィールは、
 当 HP に記させて頂いています。
  
 御言葉のエッセンスを浴びつつ、
 自身への自戒&励みを込めて、
 日々感じた事、示された事等、
 綴っていけたらと願っています。
 どうぞ宜しくお願い致します。

 御言葉は、日本聖書刊行会発行
 の新改訳聖書を引用させて頂いて
 います。


    ☆☆お知らせ☆☆


 申し訳ありませんが、諸事多用に
 就き、コメント欄を受け付けない
 設定にしています~m( )m

Mail Form

お名前:
メール:
件名:
本文:

クリスマス演奏会


(by パッヘルベルによろしく)

Translation(自動翻訳)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。