日毎の糧「いたわり帳byるつ~♪」

人知を越え言葉を越えて、日々の励みと自戒を込めつつ・・・☆

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主にハレルヤ~!!

2007.11.03

雨も雪も、ひとたび天から降れば 
むなしく天に戻ることはない。
それは大地を潤し、芽を出させ、
生い茂らせ種を蒔く人には種を与え 
食べる人には糧を与える。(イザヤ書)


  
   45709_1194044942.jpg
        (by すずらんさん)

ある姉妹から、もう一方のブログ&Love and hope~♪の記事に
対するメールを頂きました。皆さんから頂くコメントによって、
励ましを受けられ感謝です。

再認識させられることもあって、お分かちさせて(一部転載)
頂きます事をお許し下さいませ~♪

━━━━※……※━━━━

人間的にはどうしようもないのでしょうが、
主にとっては方法も解決もありますから、
ただ主に信頼し、苦悩を主に申し上げ、
「主の前に、自分ではもう駄目だ!とgive upする」
ようにとお祈りいたします。

主にあっては never give up
自分にあっては   give up

これが私たちキリスト者の生活だと思います。

「いつまで続くぬかるみぞ」という気分になりますが、
「苦しみによって救われる」とは「苦しみから救われる」という
意味ではなく「苦しみの中で救われる」ということだと聞いております。

主に感謝します。

主は私たちの悩みを共に悩んで下さるお方です。

主に栄光がありますように!

     ━━━━※……※━━━━

P.S.~A姉妹 毎日拝見して下さり有難うございます。

|Category:未分類|CM:(2)

          ★~Commentをどうぞ~★

    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

従順と明け渡し・・

最近、サムエル記のなかの”聞き従うことはいけにえにまさる”
の御言葉を黙想しつつ実際聞き従うために小さな一歩を踏み出し、自分の中にある古傷、恐れといったものが相変わらずあることを認識しました。が、そんなことは分かっていたこと、ではこの
小さな一歩踏み出した結果自分が悟らせて頂いたことは何か?

それは御言葉に聞き従うことと自分の古傷をごっちゃにして、
聞き従えないことの言い逃れや言い訳にしていた、ということ
でした。
あなたの父母を敬え、愛せとのみ言葉に聞き従えない
自分を丸ごと明け渡してなかった、ということ・・。
明け渡してたつもりでも、それを前述の傷やらナンやらの言い訳
で塞ぎ、結局御言葉をストレートに受け入れ、聞き従えない自分
を明け渡し委ねきれてなかったと、気がついた次第です。


聞き従えない理由を見つけ、知らず知らず自己憐憫になっていた
時もあったと思うし、結局は問題は自分だったと思えます。
問題の原因において他者が関連しているのは確かだし直接原因
かもしれない、けれど実際受けた傷をそのまま自分が明け渡し
手放さない限り、一向に御言葉に聞き従うことが出来ないという
ことを、わかってたようで分かってなかったのね・・

傷は傷で明け渡す、そして癒されるのを期待しつつ待ちながらも
今、自分に促されている御言葉のすすめに素直に聞き従って
小さな一歩を踏み出すなら、主は必ず必要なことを教え、
大きな祝福を下さるんだな、と思いました。
傷に関してみて見ぬふりをするのではなく、正直に認めつつ、
過剰な固執や思い入れなどは手放す決意の祈りをする・・・
その上で出なければ一歩は踏み出せなかったんだんあ(踏み出しても結局元に戻ってしまう・・)って、ホント今更ながら痛感しました

小さな一歩でも、自分にとっては勇気がいる、でも
主は必ず応えてくださる、この醍醐味をこれからもずっと
味わって生きたい!そんな風に思っています。

ご丁寧に何度も感謝します~☆


おはようさんです。

サムエル記を読み終えられたのですねっ☆
えらいなぁ・・・!!

>それは御言葉に聞き従うことと自分の古傷をごっちゃにして、
聞き従えないことの言い逃れや言い訳にしていた、
ということでした。

たとえ世にある諸々の罪を犯したとしても、
死に至る最後の瞬間、真の悔改めを行う時、
イエス様は神様の権威を持って
パラダイスを約束されましたよね。

況んや、これが全てを物語っているように私は思いまする。

現実 私達はなにぶんにも弱い者とて、
聞き従えないことの言い逃れや言い訳にしてしまいがちで、
それはそれとしての意味があるのでは・・・!?

それが・・・・・↓

>自分を丸ごと明け渡してなかった、ということ・・。
明け渡してたつもりでも、それを前述の傷やらナンやらの
言い訳で塞ぎ、結局御言葉をストレートに受け入れ、
聞き従えない自分を明け渡し委ねきれてなかったと、
気がついた次第です。

>聞き従えない理由を見つけ、
知らず知らず自己憐憫になっていた時もあったと思うし、
結局は問題は自分だったと思えます。

↑気づかせていただくための道中と言うか、
プロセスとして必要でもあったんだと・・・☆

>主は必ず必要なことを教え、
大きな祝福を下さるんだな、と思いました。

すずちゃんと同じく、わたし自身も色んな葛藤の中で
自己憐憫に陥っていた時がありましたが、


マタイの福音書の「娘よ、しっかりしなさい。
あなたの信仰があなたを救ったのです。」
という御言葉に随分慰められたことがありました。

そして・・・・・↓


ルカの福音書の「OOよ、あなたの罪はゆるされた。」

という御言葉によって解放感を体感した時から、
以前より前向きに歩ませていただけたように感じています。

>ホント今更ながら痛感しました

生活においても無駄なものや、
いつまでも大事そうに保っているものを
一切手放す(一掃する)とすっきりしますが、
信仰も然りですよねっ!!

>主は必ず応えてくださる、この醍醐味をこれからもずっと
味わって生きたい!そんな風に思っています。

現実の煩いを心の中に残存したままだと、
御言葉と現実との間に自らが隔たりを感じてしまって、
結局堂々巡りを繰りかえすのだと思いますが、
すずちゃん、ここに至らせていただけて最高ですっ!!

お互いに、ずっ~と祈りあい励ましあっていけたら幸いざます。

かぜっぴきにも気をつけてニャ・・・☆

Comment form

←チェックを入れると管理人にコメントが届きますが、
    BLOGには表示されません。

CALENDAR

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RECENT ENTRIES
LINKS
PROFILE

    るつ~♪

  Author:るつ~♪

 いたわり帳へお越し頂いて
 有難うございます~ ♥

 プロテスタントの教会に集う
 管理人のるつ~♪です。

 詳しいプロフィールは、
 当 HP に記させて頂いています。
  
 御言葉のエッセンスを浴びつつ、
 自身への自戒&励みを込めて、
 日々感じた事、示された事等、
 綴っていけたらと願っています。
 どうぞ宜しくお願い致します。

 御言葉は、日本聖書刊行会発行
 の新改訳聖書を引用させて頂いて
 います。


    ☆☆お知らせ☆☆


 申し訳ありませんが、諸事多用に
 就き、コメント欄を受け付けない
 設定にしています~m( )m

Mail Form

お名前:
メール:
件名:
本文:

クリスマス演奏会


(by パッヘルベルによろしく)

Translation(自動翻訳)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。