日毎の糧「いたわり帳byるつ~♪」

人知を越え言葉を越えて、日々の励みと自戒を込めつつ・・・☆

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自我を砕かれるために・・・☆

2008.01.02
わたしの恵みは、あなたに十分である。
というのは、わたしの力は、
弱さのうちに完全に現われるからである。
(Ⅱ コリント人への手紙 12・9)


consola.jpg

クリスチャンとして、神様に聴き従うことが大切な事であることは、
重々わかっています。が・・・。同時にその内容、事柄、理不尽な
相手に対して、無意識にも、どうして~?という疑問が生じてしまいます。

神様に対して、意識して反抗しているのではないのですが、
事の成り行き、現実を目の当たりにしては、事と次第によって、
悔しい思いや、悲しい思いに陥ってしまう場合もありますよね。

創世記の有名な箇所、アダムとエバに対して「園の中央にある木の実を
食べてはいけない。」と、神様の命令は↑の一点だけでした。

その一点だけですら、「他の木の実は食べて良いのに、どうして
園の中央にある木の実を食べてはいけないの~?」という疑問が生じ、
蛇なるサタンの誘惑に負けてしまいました。これが反抗心だと。

神様の命令に先ずエバが背いてしまったように、私も時として、
住まわされている環境の中で、どうして私だけが・・・?と言う思いが
生じる時があります。

神様がお立てになった権威、命令に対して、何故理由が必要か?と。
今日のメッセージテープの箇所が心に留まりました。

神様に対して言い訳をしたり、反抗心を起こしたりと、そうした自我
が砕かれるために、与えられている環境の中で、人に仕えることによって、
上からの御心を行なえる者として成長して行くために、敢えて周りに
苦手な人を置かれる事があるとも。

その時々の感情次第で、コロコロと心変わりのするような調子の良い人に、
素直に従うことが如何に大変なことか・・・。ストレスが溜まりそうです。と、
今日も言い訳をしてしまう弱い者です。

|Category:信仰|CM:(0)

          ★~Commentをどうぞ~★

    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Comment form

←チェックを入れると管理人にコメントが届きますが、
    BLOGには表示されません。

CALENDAR

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RECENT ENTRIES
LINKS
PROFILE

    るつ~♪

  Author:るつ~♪

 いたわり帳へお越し頂いて
 有難うございます~ ♥

 プロテスタントの教会に集う
 管理人のるつ~♪です。

 詳しいプロフィールは、
 当 HP に記させて頂いています。
  
 御言葉のエッセンスを浴びつつ、
 自身への自戒&励みを込めて、
 日々感じた事、示された事等、
 綴っていけたらと願っています。
 どうぞ宜しくお願い致します。

 御言葉は、日本聖書刊行会発行
 の新改訳聖書を引用させて頂いて
 います。


    ☆☆お知らせ☆☆


 申し訳ありませんが、諸事多用に
 就き、コメント欄を受け付けない
 設定にしています~m( )m

Mail Form

お名前:
メール:
件名:
本文:

クリスマス演奏会


(by パッヘルベルによろしく)

Translation(自動翻訳)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。