日毎の糧「いたわり帳byるつ~♪」

人知を越え言葉を越えて、日々の励みと自戒を込めつつ・・・☆

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最も小さい者たちに・・・☆

2008.01.05
まことに、あなたがたに告げます。
あなたがたが、これらのわたしの兄弟たち、
しかも最も小さい者たちのひとりにしたのは、
わたしにしたのです。(マタイの福音書 25・40)


   4-si.jpg


神はどこにいるか。私は小さいときから、神は天の上の彼方にいるか、
自分には見えない背中のほうにいて、ちょっと意地悪く私のする事を
じっと見ているのかな、と思っていました。神と人間との位置関係
とはそういうものだと、ずっ と思っていたのです。

しかし、ここではっきりと、神はあなたの目の前にいる者のなかにいる、
と教えられたのです。つまり、わたしの兄弟であるこの最 も小さい者
のなかにです。「小さい者」には何をあてはめてもいいのです。

健康とか、権力とか、知識とか、美貌とか、運動能力とか、何でもいいのです。
お金がなくて、さえなくて、頭もあまりよくなくて、特に技能も何もない。
貧乏で、飢えて、困っている。そのような人にしたことは私にしてくれたことである。

そういう人のなかに私はいるのだ、とおっしゃっているわけです。

これは私の信仰生活のなかで決定的なことでした。
私は、人間は人間として生きており、神様というのは別のところに
いると思っていました。けれども神は人間のなかに、
それもあなたの目の前にいる人のなかにいらっしゃるというのです。

人間は、友だちを好きになる場合も多いのですが、時にはけんかしたり、
嫌ったり、意地悪したり、無視したくなることがあると思います。
相手に対して怒りの感情をもったり、もう親切にしてやらないと
思ったりするそのときに、神はどこにいらっしゃるか。

あなたの目の前にいて、あなたと対している人のなかに神はいらっしゃる。
もし医師だったら、神は患者のなかにいるということです。
その患者は、わがままで、そして文句ばかり言い、不従順で、
かわいらしくない。そういう人のなかに神はいらっしゃるのです。
           (現代に生きる聖書より 曽野綾子著)

PS・・・その患者はわがままで、そして文句ばかり言い、不従順で、
かわいらしくない。そういう人のなかに神はいらっしゃるのです。

↑住まわされている環境の中にあって、考えさせられる箇所です。

|Category:信仰|CM:(0)

          ★~Commentをどうぞ~★

    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Comment form

←チェックを入れると管理人にコメントが届きますが、
    BLOGには表示されません。

CALENDAR

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RECENT ENTRIES
LINKS
PROFILE

    るつ~♪

  Author:るつ~♪

 いたわり帳へお越し頂いて
 有難うございます~ ♥

 プロテスタントの教会に集う
 管理人のるつ~♪です。

 詳しいプロフィールは、
 当 HP に記させて頂いています。
  
 御言葉のエッセンスを浴びつつ、
 自身への自戒&励みを込めて、
 日々感じた事、示された事等、
 綴っていけたらと願っています。
 どうぞ宜しくお願い致します。

 御言葉は、日本聖書刊行会発行
 の新改訳聖書を引用させて頂いて
 います。


    ☆☆お知らせ☆☆


 申し訳ありませんが、諸事多用に
 就き、コメント欄を受け付けない
 設定にしています~m( )m

Mail Form

お名前:
メール:
件名:
本文:

クリスマス演奏会


(by パッヘルベルによろしく)

Translation(自動翻訳)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。