日毎の糧「いたわり帳byるつ~♪」

人知を越え言葉を越えて、日々の励みと自戒を込めつつ・・・☆

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真のしあわせ

2008.04.16
† 外側を造られた方は、
内側も造られたのではありませんか。
(ルカの福音書 11・40)



  th003-12.jpg


私達は肉体の目が見た感じや、目の前にある状況だけで
一喜一憂したり、良いことがあると祝福されたとか、
そうでないとか判断しがちな弱さを持っていますが、
神様は、内面を見てくださると言う内容のお話を、
伺ったことがあります。↓

ある王様が、完全な幸せを一枚の絵に表現できた人に、
賞金を与えると言っわれました。何人もの画家が挑戦しました。

その中から、王様が気に入った絵が二点ありました。
一点だけ選ばなければなりません。

一つ目の作品は、静かな湖の絵で、湖面には湖を囲むなだらかで
静かな緑の山々、青い空に真っ白い雲が描かれていました。

誰もが、この絵こそ完全な幸せを表していると思いました。

二つ目の作品にも、山が描かれていました。が、この絵の山は
大変険しく、川の流れはとても激しく、その上 空は荒れて豪雨に
見舞われ、雷が落ちている絵でした。

誰もが、この作品から、何も平和な情景が感じられないと思いました。

しかし、この絵を注意深く見ると、激しい川の流れの中に一つの岩があって、
その岩の割れ目から木が生え出ていました。その木の上には鳥の巣があり、
巣の中には、一羽の小鳥が、何の恐れもなく安らかに羽を休ませていました。

王様は迷うこともなく、この絵の方を選ばれたのでした。

幸せとは、困難や、辛い仕事・環境、痛みや嫌な事がないと
言う事でなく、真の幸せとは、これらが存在する状況に置かれても、
自分の心の中に平和(平安)があることなのだと、これこそが本当の
意味の幸せなのだと、王様はこの絵を選んだ理由を説明されました。

|Category:メッセージ|CM:(1)

          ★~Commentをどうぞ~★

    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment form

←チェックを入れると管理人にコメントが届きますが、
    BLOGには表示されません。

CALENDAR

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

RECENT ENTRIES
LINKS
PROFILE

    るつ~♪

  Author:るつ~♪

 いたわり帳へお越し頂いて
 有難うございます~ ♥

 プロテスタントの教会に集う
 管理人のるつ~♪です。

 詳しいプロフィールは、
 当 HP に記させて頂いています。
  
 御言葉のエッセンスを浴びつつ、
 自身への自戒&励みを込めて、
 日々感じた事、示された事等、
 綴っていけたらと願っています。
 どうぞ宜しくお願い致します。

 御言葉は、日本聖書刊行会発行
 の新改訳聖書を引用させて頂いて
 います。


    ☆☆お知らせ☆☆


 申し訳ありませんが、諸事多用に
 就き、コメント欄を受け付けない
 設定にしています~m( )m

Mail Form

お名前:
メール:
件名:
本文:

クリスマス演奏会


(by パッヘルベルによろしく)

Translation(自動翻訳)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。