日毎の糧「いたわり帳byるつ~♪」

人知を越え言葉を越えて、日々の励みと自戒を込めつつ・・・☆

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちりと梁

2008.07.28
† さばいてはいけません。さばかれないためです。
あなたがたがさばくとおりに、あなたがたもさばかれ、
あなたがたが量るとおりに、あなたがたも量られるからです。

また、なぜあなたは、兄弟の目の中のちりに目をつけるが、
自分の目の中の梁には気がつかないのですか。
(マタイの福音書 7・1~4)



   45709_1217201911.jpg (by すずらんさん)


結婚生活って、新婚時代はともかくも・・・85.gif(あばたもえくぼ・・・!?)

その月日を重ねていくうちには、楽しい日々よりも、どちらかと言うと、
こんなはずではなかった・・・と、時には失望したり、落胆する事があったり、
その他諸々・・・。多くの忍耐が必要だと言う事を学ばされます。

忍耐を通らされて、知恵や良い意味の強さが与えられると言う事も、
しばしば教えられます。

子育てだって、子供達が成人するまでの苦労は並大抵ではないと、
親の経験はない私ですが、とてもわかるような気がします。
子供達が成人したから問題が無くなったわけでなく、
やれ子供が結婚するだの、孫が出来ただの、喜びの反面、
それなりの重荷も担わされるだろうと・・・。

徳川家康の有名な言葉に、人の一生は重荷を負って
遠き道を行くが如し、 急ぐべからず・・・・・とありますが、
束の間の休息はあっても、どんな人の一生も、それぞれに
負わされたものがある事を、改めて日々に痛感します。

子供に恵まれなかった夫婦は、違った面での重荷が与えられていますが、
こうした歳月を通して、私の目の中の梁に気がついていても、
夫さんの目の中のちりが多すぎて・・・・・(メッ!)
相手側の目の中のちりばかりが気に掛かり・・・(多分にエゴイスト?)

私の足らないところは少し棚に置いといて・・・038.gif
愚妻?鬼妻?よ、万歳?なんて 甘んじている様な者です。

いずれにしても、限りなく忍耐を学ばされている事は確かな事実です。

|Category:信仰|
CALENDAR

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RECENT ENTRIES
LINKS
PROFILE

    るつ~♪

  Author:るつ~♪

 いたわり帳へお越し頂いて
 有難うございます~ ♥

 プロテスタントの教会に集う
 管理人のるつ~♪です。

 詳しいプロフィールは、
 当 HP に記させて頂いています。
  
 御言葉のエッセンスを浴びつつ、
 自身への自戒&励みを込めて、
 日々感じた事、示された事等、
 綴っていけたらと願っています。
 どうぞ宜しくお願い致します。

 御言葉は、日本聖書刊行会発行
 の新改訳聖書を引用させて頂いて
 います。


    ☆☆お知らせ☆☆


 申し訳ありませんが、諸事多用に
 就き、コメント欄を受け付けない
 設定にしています~m( )m

Mail Form

お名前:
メール:
件名:
本文:

クリスマス演奏会


(by パッヘルベルによろしく)

Translation(自動翻訳)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。