日毎の糧「いたわり帳byるつ~♪」

人知を越え言葉を越えて、日々の励みと自戒を込めつつ・・・☆

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主と共に歩み続けること

2008.09.29
† こういうわけで、
弟子たちのうちの多くの者が離れ去って行き、
もはやイエスとともに歩かなかった。
そこで、イエスは十二弟子に言われた。
「まさか、あなたがたも
離れたいと思うのではないでしょう。」
(ヨハネの福音書 6・66~67)


45709_1222597936.jpg (by すずらんさん)


ご自分のブログや、サイトに関するコメント等が気になると言うような
趣旨のメールを、あるクリスチャンの方から頂いたことがありました。

ノンクリスチャンの頃は、当然真の神様を知らなかったものですから、
人が何を考えているかといった、人の思いや思惑等などを気にかける
者でしたが、神様と出会い、その日々を重ねるごとに、
神様の御心や、私へのご計画は何だろうかと言うことを
第一に考えられるようになりました。

勿論 、日々の生活がありますから、その日その時によっては、
何かと葛藤はありつつも、いつまでも引きずられることなく、
平安な日々を過ごせるように変えられました。

色んな人間的な思いが生じたときにも、ただ聖書の約束に
信頼して歩むことは、言うは安しで弱さが邪魔する時もありますが、
クリスチャンとして大切なのは、神様がどうお考えだろうか~?
と言う事を考える方に重点&視点を置けば、人の言葉や考えなどに、
気持ちが揺らぐ事はなくなって行くように思います。

神様を離れるとどこかがブレて、対象が人(神様でなく)に評価して
もらいたいと言う思いや、人気取りの様な思いが生じたり、
つまずきを招く結果をつくってしまったりと、無意識の内にも、
そんな場合が、なきにしもあらずではないかな~?と思います。

神様を離れての交友関係は、サイトやブログに限らず、
会社や近隣、子供達のお母さんたちとの人間関係などでも、
相手がノンクリスチャンの場合特に、世の物差しとの葛藤があると
思います。

主が共にいて下さると言う思いから離れると、又離れ去ってしまうと、
世の言葉などに傾むいてしまう程、悪しき力は強いように感じます。
気をつけなければ・・・と、私自身も言い聞かせています。

|Category:インマヌエル|
CALENDAR

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RECENT ENTRIES
LINKS
PROFILE

    るつ~♪

  Author:るつ~♪

 いたわり帳へお越し頂いて
 有難うございます~ ♥

 プロテスタントの教会に集う
 管理人のるつ~♪です。

 詳しいプロフィールは、
 当 HP に記させて頂いています。
  
 御言葉のエッセンスを浴びつつ、
 自身への自戒&励みを込めて、
 日々感じた事、示された事等、
 綴っていけたらと願っています。
 どうぞ宜しくお願い致します。

 御言葉は、日本聖書刊行会発行
 の新改訳聖書を引用させて頂いて
 います。


    ☆☆お知らせ☆☆


 申し訳ありませんが、諸事多用に
 就き、コメント欄を受け付けない
 設定にしています~m( )m

Mail Form

お名前:
メール:
件名:
本文:

クリスマス演奏会


(by パッヘルベルによろしく)

Translation(自動翻訳)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。