日毎の糧「いたわり帳byるつ~♪」

人知を越え言葉を越えて、日々の励みと自戒を込めつつ・・・☆

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無力

2007.09.02

肉によって無力になったため、
律法にはできなくなっていることを、
神はしてくださいました。

神はご自分の御子を、罪のために、
罪深い肉と同じような形でお遣わしになり、
肉において罪を処罰されたのです。
(ローマ人への手紙)


   9-a.jpg


捻挫による故障故、右足が不自由で、
運転も歩く事もままならない状態なので、
礼拝を休ませていただきました。

気持ちがわかって頂けない&理解されないで孤立化し、
幾度も疲弊を覚えつつ、時には主の御前に涙を流して祈り、
甦りの主により頼みつつ、憐れみの中で今日に至りました。

色で例えたら真白な、幼子の様な信仰をと常々望んでいても、
何か起こると何と無力な者だと痛感しきりです。無力とは、
信仰に対してですが、今回の捻挫にしても喜べないのです。
感謝できないのです。

瞬時に、神様どうしてこんな事をなさるのでしょうか?
私自身を省みる事なく、先ず神様に対する不平が出てしまう様な者です。

後で申し訳ないと主に謝りましたが、どんな場合でも主に感謝出来る
信仰者になって行けたらと新たにしつつ、本当に不信仰な者だと
悔い改めを強く覚えています。



|Category:未分類|CM:(6)

          ★~Commentをどうぞ~★

    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

正直って心和むね

>今回の捻挫にしても喜べないのです。
感謝できないのです。
瞬時に、神様どうしてこんな事をなさるのでしょうか?

どんな試練も瞬間的に心から感謝できるようになれたらどんなに平安な人生かといつも思うのですが、思うに神様は詩篇のダビデ
の嘆きやブーイング?を喜んでおられる気がするのは私だけかな・・・?自分を振り返ってもブーブー言いながらも結局は悔い改め
感謝するとはいっても、そこに至るまでは正直に嘆き哀しむ。
でもなぜかそんなときこそ神様は自分のものすごくそばにいる気がするし、私が喜怒哀楽を正直に表すことを祝福し全部受け止めてくれている、と肌で感じるときが多くありました。

なぜ?こんなことが?という疑問を超越させる圧倒的な愛を
感じたとき、神様信じてよかったなあと素直に思う私です。

すずちゃん・・・☆


どんな試練も、瞬間的に心から感謝出来る人が、
私の身近な所に沢山おられます。

特に、時々紹介させて頂いている先輩姉妹は、
パフォマンス等でなく、又裏表なく、
(常にまじかで備に、接しているとようく分かりますが。)
どんな時も微笑みと感謝の祈りを絶やさない姉妹でした。

恵みと祝福に満たされた方の最期が、
主に如何に愛された人であったかを物語っているようでした。

良き姉妹に恵まれていながらにして、私は・・・。

一瞬、ブーイング?を喜んでおられるような気がするのは
私もです。

>肌で感じるときが多くありました。

生きておられる主を実感出来るからこそ、
信仰生活が続けてこられるのね。

>なぜ?こんなことが?という疑問を超越させる圧倒的な愛を
感じたとき、神様信じてよかったなあと素直に思う私です。

同じくアーメンです。

お大事に

るつ~♪さん、どもども~~~でございます。
まぁーねん挫で不自由な生活をなさっておられたのですね。早く癒されますように

試練の時にすぐに感謝できないのは、私も同じです。

>どんな試練も、瞬間的に心から感謝出来る人が、
私の身近な所に沢山おられます。

信仰の先輩で、すぐに感謝できる人を間近に接しておられると、自分と比較して、どうしてできないのかと自分を責めがちしまいがちになるかと思います。

しかし私もすずちゃんと同感です。たとえブツクサ文句を言っても、すぐに感謝できようと、主は大きな愛で私たちを受けとめてくださいますし、その出来事が起きる前から主は私たちがどのような反応をするかをも、すべてをご存知なので、主の愛の中でのんびりあぐらをかいていても、主は喜んでいてくださると思います。

ただ焦らないでね。るつ~♪さん
怪我で動けないというのは、かなり精神的にストレスを感じます。
ゆっくり、のんびりと・・・静養してくださいね。

kanaさん・・・☆長くなりますが・・・!


どもども~~相変わらずご無沙汰~でございまする。

たかが ねん挫(とは思っていなかったけれど、
その痛さを知らなかったので・・・) されど捻挫です~。

不自由ながらも、その日から台所に立たされ?ていまする。

こういう時には心底、台所を手伝ってくれる夫だったら・・・と、
ほんにマタマタ呟きが・・・とほほ。(←執拗な私)

>試練の時にすぐに感謝できないのは、私も同じです。

皆さん、弱さを抱えていますよねっ。

>どんな試練も、瞬間的に心から感謝出来る人が、
私の身近な所に沢山おられます。

信仰の&人生の先輩も、もしかして私と出会う以前、
様々な紆余曲折&葛藤を経られて、(それは必ずしも、
感謝出来得ない日も経験されていた事かと・・・)
微動だにしない信仰にと、強められたのでは? と・・・☆

>自分と比較して、どうしてできないのかと
自分を責めがちしまいがちになるかと思います。

幾度となく、そういう時も経験して来ましたが、
今は人様と与えられているものも、環境も含め、
違うのだと捉えていますから、どうのこうのと?
思わなくなりました。が・・・

ただ、とほほ('~`;)と感じたのは↓

捻挫する前前日?だったか、夫の叔父さんの葬儀があって、
夫の親戚達(特に叔母さんたち)の、いまだに心無い?
私に対する気持ち、(結婚当初から、子供が出来ないのが
分かっていて、H←(夫の名前) を騙した?的な視線で
対応されていました。

その対応目線が今もってなので、いつになったら、
人格を尊重する付き合いが出来るの?と言うのがあって・・・。)

久しぶりに会った夫の叔母さんたちに対して、葬儀の時から、
少なからず情けない感情を抱いていた後の事だったので、
ありゃ、神様は何故続けて嫌な思いをさせられるの? と・・・、
とっさに、足の痛みと心の痛みが走ったのでありました。

>主は大きな愛で私たちを受けとめてくださいますし、

アーメンです。

いかなる時も瞬時に、普段の感謝の祈りが出てくるような、
基礎のしっかりした揺るぎ無い信仰の強さを・・・と、
学ばせて頂きました。全てが益ですね。

>ゆっくり、のんびりと・・・静養してくださいね。

お気遣い&お心遣い、ただただ有難く頂きます。

主にあって感謝しつつ・・・
kanaさんも、時節柄お大切にねっ。

るつ~♪さん、どもども~~~

>捻挫する前前日?だったか、夫の叔父さんの葬儀があって、
夫の親戚達(特に叔母さんたち)の、いまだに心無い?
私に対する気持ち、(結婚当初から、子供が出来ないのが
分かっていて、H←(夫の名前) を騙した?的な視線で
対応されていました。


あれま~~、
誰でも、そんな視線を向けられると心が痛みますよー。
親戚関係は難しいですね。
続け様に足の痛みと心の痛みとは、それは辛いですね。

痛みを堪えつつ、すぐに台所に立つのは我が家も同じです。
そのつらさ~分かるな~少しは手伝ってと言いたいよねー 
私も最近腰痛が再発してきています。とほほ

少しずつそのように鍛えられて、先輩のように、いつでもどんな時でも、
すぐに感謝できるように整えられていくのでしょうね。
きっと、いつかは、

主に期待しましょうね。

お大事にっ!


kanaさん、こんにちは。

亡き義父の姉妹は七十代ですが、四人ともご健在で、
義父が元気だった頃、お正月とか祭りとかお盆とか、
親戚が集まる席で、(兄姉たちどうしですから。)
遠慮のない会話が交わされ・・・(´w`)

結婚後数年経過しても子供の出来ない私達夫婦が、
その会話のつまみ? 話題? にされるようになっていました。

元来無口でお話が苦手と言うか下手な夫と、
私と比べられ、無口からおとなしいイメージの夫に比べて、
私の方が、ターゲットにされ続けていました。
(血縁からすると、私は他人ですから仕方ないかもですが・・・)

勿論私のいない時にお話されていますが、
幾年もその目線に接していますから、
心の中にあるものって、子供ではありませんし、
伝わって来まする・・・。

結婚後&洗礼を受けたばかりの頃は辛かったですが、
今は辛さから解放されましたが、快く思えぬ感情は、
人間ですからあります。(忘れが早いのが幸いして?
一日で忘れるのですが・・・)

叔母さんたちのために祈れるときと、
祈れないときがあって、これが課題なんです。

私の事ばかりでご免なさい。

だんな様が、ホーローして下さらないところまで似ていますね。

>すぐに感謝できるように整えられていくのでしょうね。

>主に期待しましょうね。


アーメンです。

kanaさんも腰痛が癒されますように、
微力ですが、癒し主にお祈りしています・・・☆

Comment form

←チェックを入れると管理人にコメントが届きますが、
    BLOGには表示されません。

CALENDAR

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RECENT ENTRIES
LINKS
PROFILE

    るつ~♪

  Author:るつ~♪

 いたわり帳へお越し頂いて
 有難うございます~ ♥

 プロテスタントの教会に集う
 管理人のるつ~♪です。

 詳しいプロフィールは、
 当 HP に記させて頂いています。
  
 御言葉のエッセンスを浴びつつ、
 自身への自戒&励みを込めて、
 日々感じた事、示された事等、
 綴っていけたらと願っています。
 どうぞ宜しくお願い致します。

 御言葉は、日本聖書刊行会発行
 の新改訳聖書を引用させて頂いて
 います。


    ☆☆お知らせ☆☆


 申し訳ありませんが、諸事多用に
 就き、コメント欄を受け付けない
 設定にしています~m( )m

Mail Form

お名前:
メール:
件名:
本文:

クリスマス演奏会


(by パッヘルベルによろしく)

Translation(自動翻訳)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。