日毎の糧「いたわり帳byるつ~♪」

人知を越え言葉を越えて、日々の励みと自戒を込めつつ・・・☆

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葛藤は続きます。

2008.11.19
† それゆえ、人はその父と母を離れ、
妻と結ばれ、ふたりは一心同体となる。



   380407_1226878441.jpg(by すずらんさん)


1989年5月に洗礼の恵みに預かり、クリスチャンとしての日々を
歩ませて頂く様になった私ですが、古き我(自我)との葛藤は続きます。

況や、信仰を持たれていない相棒に、いい加減変わってほしいと
望むのは至難の業。何故なら三つ子の魂何とかやらで、
相棒にとっては、母が神様的な存在ですから、母である義母様の
青写真通り今に至っているので、尚の事です。

「人はその父と母を離れ」←聖書の↑の御言葉の奥義を望み続けても、
老いの坂を登らんとしている年頃になっても、相棒の場合は親離れ出来
ない人の様で、義母も子供の頃と同じように、相棒ばかりに母の用事を
言いつけます。(他の兄弟は、精神的にも親離れしています。当然?)

妻との日常会話は殆ど皆無状態。相棒のお話し相手は母。
妻の頼みごとには無関心。なのに母の言う事は、どんな難題でも、
すべて「OK、OK。」これらはマザコンと言うより、依存症というのかしら?

お休みの日は母の元で時間を過す。(勿論用事を手伝っているのですが。)
なので妻との時間は皆無。これじゃ結婚している意義が感じられず、
ひたすら相棒が変わってくれる事を望み、願い、祈り続け・・・。
でも、こんな状態が延々と続いています・・・。

母は、「Mに、←(私の名前)もっと働かすように。」と・・・。
理由は、子供の出来ない嫁をもらってやった。と、言うのが、
大きな理由らしいのですが・・・。

このような母に育てられ、社会生活の厳しさを経験していない相棒は、
すべてが母の言いなり。夫と思わないようにしょう。と、決めてみたり、
よりによって、どうしてこんな酷い環境に住まわされたのですか~?と、
神様に何度も詰問したり・・・。

暴力を振るったり愛人を作ったり・・・と、もっと絶望的な状況の中に
おられる人もいらっしゃる事を思いますと、信仰によって耐えなければ。
と、お腹の立つのを押さえつつ、現在に至っています。

イエス様の真実な愛に信頼し、御手を覚え、焦らず主に期待して
歩み続けよう。と、祈りの中でアーメンと頷きつつも、結婚して妻が
存在しても、マザコン?の夫も絶望的だと、弱い私には、
絶えず葛藤があります。

何らかの問題や苦しみ等など、上から与えられ負わされても、
イエス様から目をそらさないで、決して揺るぐことのない信仰生活を
続けられる様にと、鍛え続けていて下さるのだと思いつつも、
(正直の所、心から感謝出来ない時もあります。)

信仰とは、一筋縄では行かないものだと、つくづく痛感しきりです。

|Category:インマヌエル|
CALENDAR

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RECENT ENTRIES
LINKS
PROFILE

    るつ~♪

  Author:るつ~♪

 いたわり帳へお越し頂いて
 有難うございます~ ♥

 プロテスタントの教会に集う
 管理人のるつ~♪です。

 詳しいプロフィールは、
 当 HP に記させて頂いています。
  
 御言葉のエッセンスを浴びつつ、
 自身への自戒&励みを込めて、
 日々感じた事、示された事等、
 綴っていけたらと願っています。
 どうぞ宜しくお願い致します。

 御言葉は、日本聖書刊行会発行
 の新改訳聖書を引用させて頂いて
 います。


    ☆☆お知らせ☆☆


 申し訳ありませんが、諸事多用に
 就き、コメント欄を受け付けない
 設定にしています~m( )m

Mail Form

お名前:
メール:
件名:
本文:

クリスマス演奏会


(by パッヘルベルによろしく)

Translation(自動翻訳)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。